男のモッズの基本

【男の和服着物のテッズ】モッズの原流!押さえるべき3つのアイテム

更新日:

我々着物モッズには、モッズの精神性が宿っています。

一言で言うと「常にモダンである事」です。

洋服・英国モッズ達も、スタイルの完成までには幾つかの流れがありました。

今回はその前身と言われる「テッズ(テディボーイズ)」というスタイルについてみていきましょう。

文化
お急ぎの方へ

要点だけであれば、3、ポイント項目をご覧下さい

1、歴史

テッズは

1950年代、戦後の英国・ロンドンにて、

労働者階級の不良少年が始めたスタイルで、

通称「テディボーイズ」です。

テディとは英国国王エドワード7世の愛称(テッド)からの由来です。

彼が好んだファッションスタイルを「エドワーディアン・ルック」と言い、このスタイルをアレンジしたストリートファッションがテッズです。

*エドワーディアン・ルックとは、細見シルエットのパンツ、長めのジャケットにハイカラーのシャツとリボンタイなど

2、テッズファッション

基本スタイル

エドワーディアンジャケット

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,テッズ

こちらはエドワーディアンジャケットをデザインに取り込んだデザイナーズです。

・衿と袖口に黒のベルベット生地を使用した、膝丈のロングジャケット。比較的低い位置の3つボタン。

パイプドパンツ

 

・排水管(ドレーンパイプ)と見間違う細さのスリムパンツ。丈は短め。

今で言うスキニーパンツです。

ハイカラーシャツ

・首の高い衿付きのシャツ。

リボンタイ

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,テッズ

・ネクタイの代わりに、リボン状のタイ。他にはループタイも。

刺繍入りのベスト

・ジャケットの下にも、キチっとして派手なベスト。

ラバーソールシューズ

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,テッズ

・厚底のゴム底シューズ。

リージェントヘア

 

・ツッパリ風ヤンキーヘア。

全体の雰囲気は何となくロカビリーっぽい。

テッズを代表する3つのアイテム・スタイル

・リージェントヘア

・エドワーディアンジャケット

・スリムパンツ

 

このテッズが、まさにストリート発祥のスタイルで、ここからモッズを含む新しいファッションが生まれていきました。

当時、英国では仕事着と休日着位しか持ち合わせていない状態でしたので、革命的な事だったのですね。

3、ポイント

・モッズが完成する前に、幾つかの流れがある

・テッズとは、モッズの前身で、50年代の不良スタイル

・(英国では)戦後初の労働者層が発信した流行スタイル

・テッズの代表アイテムは、

エドワーディアンジャケット(衿と袖口に黒ベルベット生地を使用したロングジャケット)

パイプドパンツ(超スリムパンツ)、

ラバーソールシューズ(厚底ゴム底靴)、

リボンタイ、

リージェントヘア

 

以上、男の和服着物のテッズでした。

こうして、庶民から発生したファッションテッズは紆余曲折あり、1959年頃には廃れていき、新しいファッションであるモッズへと変化していきました。

しかし、まさに路上から生まれている、このストリートスタイルは男性にとってかなりの影響力があり、江戸時代の和服着物が町人文化から花開いた事実に通じる所があります。

この流れは是非把握しておきましょう。

文化
和服着物はストリートスタイルです。

文化bunka【男の裏着物の研究家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る

友だち追加

-男のモッズの基本

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2020 AllRights Reserved.