【プロフィールと学校設立の目的】

私の紹介と、なぜこの学校を作るに至ったのかをお話ししたいと思います。

文化

私は文化bunka(ぶんか)と申します。

男性の和服着物{特に裏着物(うらきもの→家着物)}を専門にしています。

男性の着物後ろ姿と帯

私が「男の着物」を着たい、学びたいと思ったのは学生時代です。

元々お洒落が好きだった事から、洋服にハマっておりましたが、ある事がきっかけで和服着物に興味を持ちました。

洋服好きからの転身です。

男の和服着物 知識 本

それからというもの、本屋に行き男の和服着物関係の本を購入したり、図書館で浮世絵資料を取り寄せたり、ネットで和服や日本文化論を調べたりと約ニ百冊程読み、少しづつ「基礎知識」を手に入れていきました。

 

同時に、直接京都の和装関係の法人様に手紙を書いて会いに行ったり、和裁(和服の裁縫)や、着付けを学んだりし「生の情報」にも触れました。

2011年にはバーを貸し切り、男の和服着物ファッションショーを開催するなど「オリジナル着物のアウトプット」もしてきました。

なんとか自力でここまでの知識を手に入れてきましたが、かなり大変でした。

当時は呉服屋さんのイメージも悪く、着付け教室の敷居は高く、(私にとって)男着物の情報源は本でした。

しかし、その男着物の本自体も少ない状態でした。

誰か和服着物を教えてくれる人がいたら、助かるのにと思っていました。

当時の呉服屋さんは女物ばかりで、かつ高額品ばかりです。

基礎知識を本で補った後も苦労します。
私は洋服が好きだったのでおしゃれな着物姿になりたいのに、呉服屋さんや男着物を来ている方々は(和服着物を特別視しており)余り憧れる事が出来なかったのです。
決して、真似したいと思わせるような要素がなかったのです。

私が参考にするのは、江戸時代を含め過去の男たちです。

普段の装いとしていたリアルな人たちです。

私が体感した事、目で見てきたモノ、本や図書館、資料館で触れてきた空気感をあなたにお伝えします。
自分と同じように男着物情報が無くて困っているあなたに、私の知っている限りの知識を提供しようと思い立ち上げました。

 

ここは、男専門の和服着物について学べるWEB学校です。
着物教育という焦点で教育機関にしました。私の個性など必要ないので、私は狐のお面を被っています。
着物に興味がある人、ない人、全ての男性が利用できる「和服着物の拠点」です。

 

私が当時困っていた事を分かりやすく、出し惜しみなく説明しています。

また、着物の知識が全く無い方に向けて、洋服起点で説明するよう心がけています。

あなたの問題解決に役立てれば幸いです。

 

文化 bunka【男の裏着物の研究家】

 

[Amazonアソシエイトについて]

当サイト男の和服着物モッズMODSスクールhttps://bunka5.comは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

更新日:

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2020 AllRights Reserved.