男のモッズの基本 男の和服着物の現代化

【男の和服着物の洋服勉強法】トラッドから学ぶ際注目すべき5つの点

更新日:

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

SnapwireSnaps / Pixabay

和服着物モッズにとって洋服も大切なアイテムです。

特に、洋服全盛の現代において「今っぽさ」とは「洋物感」の事です。

今回はこの「今っぽさ」を出す為、洋服知識の勉強法について学んでいきます。

一緒に見ていきましょう。

文化
お急ぎの方へ

要点だけであれば3,ポイントをご覧下さい

1、何を学ぶか(目的)

洋服は大きく2つのジャンルに別れます。

↓↓↓

 

・トラッド

伝統的な服装です。

スーツスタイルも流行を経て、完成しています。

・ニュースタイル(モード+ストリート)

最新ファッションです。

スタイルの出処がメゾンのサロン(パリコレなどデザイナー主体)か、路上(一般の民衆主体)かで別れます。

 

よって、学ぶ所は

トラッドの歴史

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

Free-Photos / Pixabay

モードファッションの歴史と最前線

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

Pexels / Pixabay

ストリートファッションの歴史と最前線

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

teamuglywolves / Pixabay

となります。

計3つです。

 

また、ただの洋服フリークでは無いあなたには

(和装に洋物を取り込む視点から)

それぞれ以下の5点に注目しながら学んでいきたいです。

五つの視点

↓↓↓

・アイテム

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

renzonovoa1 / Pixabay

組み合わせるアイテムに関する知識です。

アイテムの種類と用途を学びます。

これにより、取り入れの勘が養われます。

・スタイル

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

Free-Photos / Pixabay

今までに作られたファッションスタイルが存在しますので、これを学びます。

歴史と共に作られたスタイルの発生、時代背景、思考などです。

本来のスタイルを知る事で、和装に裏付けが出ます。

・服の組み合わせ

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

ThorstenF / Pixabay

カジュアルウェアでジャンルを跨いだ相性などを学びます。

洋服の中での組み合わせを知る事で、和装でのアイデアを生みます。

・小物使い

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

洋小物の組み合わせを学びます。

これは特に、和装へ取り入れ易いので覚えておいてください。

・MIX度合い

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

geralt / Pixabay

洋服も他文化の服装を取り入れています。

和装でも参考になります。

これは自分のスタイルの「異文化率(洋物MIX度)」をどのくらいにするのかを考えながら見ていきましょう。

洋服の上着やパンツを取り入れる方は洋物MIX度が高く、小物程度取り入れる方は洋物MIX度が低いでしょう。

2、具体例(手段)

・トラッドの歴史

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

目的

正統な洋服を語れるようにする。

要素

(時代背景)

貴族の文化が色濃く残る服に比べ、民衆化し、機能的になった服。

原点は、サックスーツ。19世紀から20世紀にかけ完成された紳士服の基本です。

 

アイテム

おもに、スーツ、ジャケットスタイル。シャツにネクタイ、ソックス、ドレスシューズ。

 

スタイル

スーツスタイル

イギリス ブリティッシュドレープスタイル

イタリア クラシコイタリアスタイル

アメリカ アメリカントラディショナルスタイル

カジュアルスタイル

アイビースタイル

プレッピースタイル

 

組み合わせ

基本、ジャケット、パンツ、シャツ、ネクタイ、ドレスシューズの組みあわせ。

カジュアルウエアもスーツスタイルからの変形で、ジャケットの代わりにブルゾンを羽織ったり、ブレザー(替えジャケット)にしたりと、大胆な組み合わせはみられない。比較的ルールが分かりやすい。

 

小物使い

ポケットチーフ、カフリンクス、靴下、ハット、ネクタイの合わせ、ドレスシューズの合わせ方は参考になる。

例え、直接これらの小物を使わなくとも、アクセントの入れ方具合は取り入れられる。

 

MIX度合い

トラッドアイテムを例に上げると、ネクタイ、ダッフルコート、バスクシャツ、ベレー帽等が挙げられます。

ネクタイはクロアチア軍のスカーフから、ダッフル、バスクシャツは北欧の漁師の服から、ベレー帽はスペインのバスク地方の帽子から取り入れています。

本・雑誌

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

Gellinger / Pixabay

古書、

'50s&'60s メンズファッションスタイル 吉村誠一 誠文堂新光社

映画

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

Clard / Pixabay

ゴッドファーザー 72年

ティファニーで朝食を 61年

ニューヨーク・ニューヨーク 77年

勝手にしやがれ 60年

・ ストリートファッションの歴史と最前線

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

目的

ストリートファッション、自然発生のファッションを語れるようにする。

要素

(時代背景)

第二次大戦後、プレタポルテ(既製服)が拡大。若者が質の高いアイテムを手に入れられる状況が出来ました。

アメリカ・イギリスを中心に豊かな生活を送れる10代が現れ、彼らの為のスタイル「ストリートファッション」が形成されます。

 

アイテム

スポーツウェア―(ジャージ、スウェット、Tシャツ、ベースボールキャップ)、ライダース、ジーンズ、スニーカー、ラバーソール、モッズパーカ、ボンデッジパンツ、ネルシャツ

 

スタイル

テッズ

モッズ

フィフティーズ

ロッカーズ

スキンズ

パンクス

スラッシャー

ヒップホップ

グランジ

ヒッピー

 

組み合わせ

ジャケット、シャツ、パンツの基本的組み合わせ(アイテム自体がカジュアル化)に、スポーツウエア、ワークウェア、軍服などをうまく組み合わせます。

スーツスタイルもカジュアルスタイルも大胆な組み合わせがみられ、ジャンルをまたぐ合わせ方がおもしろいです。

ドレッシー×カジュアル(ブレザーにスウェットパーカ)

スポーツ×ワーク(ジャージにデニム)

東洋×西洋(ヒッピータイダイ染めアイテム)

 

小物使い

カジュアルハット、キャップの使い方。

リュック、アクセサリー、バンダナ、サングラス。

 

MIX度合い

アイテムで言うと、アロハシャツ(浴衣、着物でシャツを作る)、ヒッピーのゴア民族衣装。洋服圏外の要素を取り入れます。

本・雑誌

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

cocoparisienne / Pixabay

ROOTS OF STREET STYLE 高村是州 グラフィック社

ストリートファッション 1945ー1995若者スタイルの50年史 PARCO出版

TAKE IVY(テイク アイビー)ハースト婦人画報社

Mods!(モッズ)洋書    Richard Barnes   Plexus Publishing Ltd.社

THE TEDS (ザ・テッズ)洋書 Chris Steele-Perkins   Dewi Lewis Publishing社

ウエブのストリートスナップ

映画

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

1588877 / Pixabay

さらば青春の光    79年

ロッカーズ      78年

理由なき反抗     55年

乱暴者(あばれもの) 53年

時計じかけのオレンジ 71年

イージーライダー   69年

シドアンドナンシー  86年

マッドマックス    79年

グリース       78年

 ・モードファッションの歴史と最前線

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

目的

メゾン系・デザイナー系の流行を語れるようにする。

要素

(時代背景)

第二次大戦後、有名メゾンが女性を美しく飾る服で流行を創り出してきました。

男性の流行は主にテーラーが担当していましたが、社会的な需要が生まれ、

スーツ、カジュアル以外の新しいエレガントスタイルがパリコレ、ミラノコレなどで発表されるようになりました。

パンクのヴィヴィアンウエストウッド、黒の衝撃コムデギャルソン、ソフトスーツのアルマーニ、脱構築のマルタンマルジェラ、スキニースタイルのエディスリマン。

 

アイテム

初期はトラッドメインでいたが、後期はストリートまで幅広く網羅しています。

スーツからジャージ、スニーカー、サンダルまで。

 

スタイル

モードパンクス

カラススタイル

グランジ

スクールパンク

 

組み合わせ

スーツやトラッドカジュアルを基本にしながらも、ストリートファッションと変わらない状態になっています。

全体的にはドレッシーで、ジャケット、パンツ、シャツ、ネクタイにブルゾン、スポーツウェアなど。

 

小物使い

細かい所まで計算されているので参考になります。

ネクタイの細さ、バランス、バッグの大きさに素材選び、帽子の合わせ方や種類。

バンダナやストール、マフラーの巻き方。

アクセサリーチョイス。

スニーカーの紐変えや加工。靴下の色など。

 

MIX度合い

デザインソースとして、民族衣装を参考にするデザイナーは多く、色々な切り口で取り入れています。

ジャポニズム

エスニック・フォークロア

また、タキシードなどの礼装をカジュアルに、中世時代のアイテムを現代にMIXすることもやってのけます。

本・雑誌

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

LubosHouska / Pixabay

WWDのメンズコレクション特集(バックナンバーあり)

ROOTS OF STREET STYLE 高村是州 グラフィック社

Irving Penn Regards Issey Miyake    Irving Penn   Jonathan Cape社 ← 確か和訳版もあったはず?

映画

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

zenonj / Pixabay

モード

ヨウジヤマモト・ドキュメンタリー

アメリカン・ジゴロ 80年

・補足(洋服アイテムについて)

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

Free-Photos / Pixabay

本・雑誌

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,洋服,ストリート.モード,トラッド

StockSnap / Pixabay

別冊ライトニング 枻出版社(えいしゅっぱんしゃ)月刊誌のムック本

その他、メンズファッション雑誌のアイテム特集本

※注意

一通り目を通します。

今のファッションであれば、月刊誌を1年間読むとある程度の知識が頭に入ります。

3、ポイント

・ まず、洋服の勉強で何を学ぶのかを明確にする(例、洋小物を和装に取り入れる際の知識獲得)

・大まかに3つのジャンルを学ぶ。トラッド(伝統スタイル)・モード(デザイナーファッション)の歴史と最前線・ストリート(路上ファッション)の歴史と最前線

・ アイテム・スタイル・服の組み合わせ・小物使い・洋物MIX度合いなどに注目する。

・ 具体的には、本・雑誌や映画で学んでいく

 

以上、男の和服着物の洋服勉強法でした。

今の時代、洋服は無視する事が出来ません。

一通りの知識は必要になります。

和服・洋服共に精通する事は「洋物MIX」であれ「古典」であれどちらも深みが出ますので、ある程度身につけておきましょう。

文化
和服・洋服共に語れる方は素敵ですよね

文化bunka【男の裏着物の研究家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る

友だち追加

-男のモッズの基本, 男の和服着物の現代化

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2020 AllRights Reserved.