【和風洋服MIX】洋服男子が和文化を取り入れる方法【和風モダン】 【和風60〜79%】超洋物(ちょうようもの)MIXスタイル

【男の和風洋服の超洋物MIXスタイル】和風60%以上の和洋折衷姿

更新日:

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,超洋物MIX

今回は、洋服ファッションに和風を半分以上取り入れて個性を出したい貴方にオススメの「超洋物スタイル(ちょうようものみっくすすたいる)」をご紹介いたします。

これを読むと、貴方の洋服ファッションに雑誌では語られない、和風ベースの「新鮮で個性的なスタイル」が出来上がります。

・結論

超洋物MIXスタイル(ちょうようものみっくすすたいる)は和風を60%〜79%取り入れた和風ベースの服装です。

主に和服ベースになり、和服に洋物を2点以上取り入れるスタイルです。洋服と和服のミックスされたデザインの服も使用します。

文化
いよいよ和風ベースのスタイルですね!新鮮なコーデを見てみましょう

ライン@のアカウント変更しました!(2021年2月13日)

↓↓↓

↑↑↑

公式ライン登録で私(狐面)に直接質問して頂けます!

1、超洋物MIXスタイル(ちょうようものみっくすすたいる)の定義

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,

超洋物スタイル(ちょうようものみっくすすたいる)は洋服ベースに和風を60%〜79%取り入れた和服ベースの服装です。

和風味スタイル(わふうみ→洋服ベースに和風を1%〜20%取り入れた服装)や、和味スタイル(わじ→洋服ベースに和風を21%〜40%取り入れた服装)とはバースが変わって、洋服から離れたスタイルになります。

注意点としまして、和服要素がより強い「洋物MIXスタイル(ようものみっくすすたいる→洋服ベースに和風を80%〜99%取り入れた服装)」と勘違いしやすいのでここで把握しておきましょう。

(超洋物MIXの意味は和服ベースの服装により強い洋服要素を加えたという意味です。)

洋物MIXスタイルの定義が「洋服アイテムを1個取り入れているほぼ和装なスタイル」に対して、超洋物MIXスタイルは「洋服アイテムが2個以上入り、見た目が洋服的スタイル」です。

2、具体的ノウハウ

超洋物(ちょうようもの)MIXスタイルは基本が和服スタイルです。

ベースとなる和服を選び、次に加える洋服を2点以上選びます。

 

和服アイテム(ベース)

男の和服着物 浴衣 帯結び

和服アイテムとは

↓↓↓

・羽織(はおり)

・着物

・長襦袢(ながじゅばん)

・帯

・足袋(たび→和装靴下)

・履き物(はきもの)

・股引(ももひき)

・腹掛け(はらがけ)

・半天(半天)

・手拭い(てぬぐい)

・風呂敷(ふろしき)

・袴(はかま)

洋服アイテム(サブ)

男の和服着物、モッズ、ローギア、カジュアル、労働者階級、スポーツ

この基本スタイルに2点以上プラスする洋服アイテムを選びます。

↓↓↓

 

上衣(じょうい)

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,テッズ

・コート

・ジャケット

中衣(ちゅうい)

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,裏着物,

・シャツ(使いやすいのはスタンドカラー)

・Tシャツ

・タートルネックニット

・ジップアップジャージー

・カットソー

・スウェットパーカー

下衣(かい)

男の和服着物、モッズ、ジーンズ、デニム、リーバイス、カジュアル

・ボトムス(デニム、チノ、ウール)

・ハーフパンツ

小物

男の和服着物、モッズ、小物、紳士靴、カントリーブーツ、トリッカーズ、組み合わせ

・帽子

・スニーカー

・革靴

・ブーツ

・ベルト

・バッグ

・サンダル

・アクセサリー

和洋折衷アイテム(サブ)

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,作務衣,甚平

作務衣(さむえ→僧侶の作業着)

 

 

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,作務衣,甚平

甚平(じんべえ→夏の簡易和服)

 

その他、

和様化された洋服アイテムの例として

↓↓↓

 

・ダボシャツ(シャツの和様化)

・鯉口シャツ(こいくちしゃつ→シャツの和様化)

・股引(ももひき→ズボンの和様化)

・腹巻(はらまき→帯の和様化)

・ステテコ(ズボンの和様化)

・地下足袋(じかたび→靴の和様化)

・スカジャン(ジャンパーの和様化)

・アロハシャツ(半袖シャツの和様化)

 

また、和様化された洋服の例として他にも

和服の3要素(色柄、形、素材)をとりいれたデザイン洋服を取り入れる事も入ってきます。

デザイン洋服{和服の3要素(色柄、形、素材)をとりいれた}

↓↓↓

・和柄が入ったTシャツ

・藍染色のパンツ

・袖の下が長いカットソー

・マットな紬(つむぎ→手で紡いだ糸で作るカジュアル生地)風の素材感のシャツ

・コムデギャルソン、イッセイミヤケ系

テクニック例

和服を洋服に見立てるのがポイントです。

↓↓↓

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,モッズ,アイテム,

袴(はかま)や股引(ももひき)をパンツに見立てる

・ワイドパンツやスリムパンツを連想させ、上は着物の下に完全な洋装であるシャツ、ジップアップスウェットパーカーをイン。足元はスニーカー。

 

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,作務衣,甚平

形を洋服に近づける

・筒袖(つつそで→筒のように細い袖。通常着物の袖は広い)の着物にジャケットやコートを羽織る

 

男の和服着物、モッズ、サイドゴア、ブーツ、チェルシー、組み合わせ

洋小物を3点以上使って雰囲気を演出する

・着物+羽織(はおり→和装ジャケット)にベルト帯、革靴、ハット、シャツを合わせる

 

3、スタイル例

3つのスタイル

↓↓↓

 

袴(はかま)パンツスタイル

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,超洋物MIX

袴(はかま)+着物の和装の中に、白シャツ+ジップアップパーカーをイン。

 

形近づけスタイル

筒袖(つつそで→着物の特徴である長い袖下ではなく、筒状の短い袖下)の着物+角帯の和装に、洋物のジャケットとブーツを身につけた組み合わせです。

 

 

洋小物多用スタイル

着物+羽織(はおり→和装ジャケット)の和装に、ベルト式の帯、革靴、ハットを組み合わせたスタイルです。

 

・再度結論

・結論

超洋物(ちょうようもの)MIXスタイルは和風を60%〜79%取り入れた和風ベースの服装です。

主に和服ベースになり、和服に洋物を2点以上取り入れるスタイルです。洋服と和服のミックスされたデザインの服も使用します。

 

結論、

超洋物(ちょうようもの)MIXスタイルは、一見「和服」か「洋服」か迷うギリギリを狙った和洋折衷(わようせっちゅ→和風と洋風を混ぜ合わせた)スタイルです。

和風味(わふうみ→和風20%以下)スタイルや、和味(わじ→和風40%以下)スタイルとはバースが変わって、洋服から離れたスタイルになります。

いよいよ貴方の民族性から湧き出る「オリジナルで個性的なスタイル」に踏み込むわけです。

現在のメインストリームである世界の「洋服ファッションシーン」では押し測れない所で遊んでみましょう。

ぜひやってみてください。

ライン@のアカウント変更しました!(2021年2月13日)

↓↓↓

↑↑↑

公式ライン登録で私(狐面)に直接質問して頂けます!

文化
良くも悪くも現代の基準である洋服。そんな今の洋服シーンから一旦離れて遊んでみましょう

文化bunka◉着物モッズ【独創的な男の和服着物の研究家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る







-【和風洋服MIX】洋服男子が和文化を取り入れる方法【和風モダン】, 【和風60〜79%】超洋物(ちょうようもの)MIXスタイル

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.