男の和服着物の応用

【男の和服着物の手拭い】日本好きでも意外に知らない2つの手法!?

更新日:

日本では、江戸時代より「長方形の木綿の布」をいろいろな用途に使ってきました。

体を拭いたり、頭に巻いたり。

風呂敷(ふろしき)に並び、この長方形の布である手拭いは日本文化を象徴する物です。

今回はこの手拭いについて考えてみたいと思います。

一緒に見ていきましょう。

文化
お急ぎの方へ

要点だけであれば、3.ポイントをご覧下さい

1、歴史、種類

歴史

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,絞り,手拭い

どうもかなり古くからそれらしい物があったと推測されます。

平安時代には、その長方形の布(手拭い)の素材指定までされています。

現在の一般的な「綿素材の手拭い」ではなく、当時は「麻」か「絹」だったようです。

綿素材は江戸時代に普及して、一般庶民に行き渡りました。

元々は神や仏像を拭くのに使われたらしく、

平安時代には神具、身に着ける装束として使われ始めます。

江戸時代には、銭湯文化と上手く結びつきます。

種類と用途

形状

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

・長方形の布

(84~95㎝)×(34㎝)

・切りっぱなし

当時の名残り(洗った際、乾きやすく雑菌が溜まりにくくする為。)

用途

 

用途は主に「拭う事」に使われました。

汗を拭う、手を拭く、など今で言うハンカチ用途。

また、バンダナのように頭にも巻きました。

素材

昔は麻と絹がメインで、後期になり綿が普及した。

今はほぼ、綿ばかりです。

★木綿(メイン)

丈夫で洗える。吸湿性も高い。

シワになりやすい。

丈夫で洗える。乾きやすい。

シワになる。

シボがある(ちりめんの場合)。柔らかな風合い。上品な印象。シワになりにくい。珍しい。

洗えない。

現代は

古くからある古典柄と

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

現代的な柄があります。

好みで選びましょう。

基本、

手拭いに使われる伝統柄は、細かい連続模様が多く、一色染めであることも多い。(白地に紺など)

現代柄は絵のようになった物が多く、多色であることが多い。

 

 

柄の染色法
注染(ちゅうせん→生地を重ね、染料を真空法で吸い込ませ染める技法)

 

布に模様をつける染色で、江戸時代に発明された伝統手法です。

染めない部分に糊で防染し、乾燥後に染める部分に土手を作る。

その土手の内側にアツアツの染料を注ぎ込む。

そして、土手内に溜まった染料を特殊な機械で生地の下から吸い込んで、

一気に重ねた数枚(20枚~30枚程度)の生地を染める事が出来る。

大阪の堺市で発明されたようだが、

浜松が有名。浴衣や手拭いに多いです。

メリット

手仕事なのに大量生産が可能。

滲みや色合いが手仕事の味になる。

表裏がない。

デメリット

比較的高価。

 

プリント

インクジェットで印刷する手法。

男の和服,モッズ,メンズ着物,和装,裏着物,和,文化,狐面,歴史,絞り,日本,手拭い

CreaPark / Pixabay

生産コストも低く、最も多いと思う。

最近は技術も高くなり、質感も良くなってきた。

メリット

比較的安価で店頭に多く並んでいる。

複雑な色柄も可能。

デメリット

手仕事感がない。

 

代表的な和柄

青海波(せいがいは)

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

トンボ

絞り(しぼり)

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

糸をくくりつけて防染(ぼうせん→染めたくない場所を染まらないようにする事)する方法。

江戸時代に

人件費がかかるので比較的高価。

名古屋の有松が有名。

いろんな道具(板、糸、ペットボトル蓋)を使い、

全盛期には約100種類の絞り方があった。

 

関連記事 >>【男の和服着物の名古屋】絞り産地の有松!祭りで体感する2つの衝撃

 

メリット

柄に手仕事感がMAX

デメリット

比較的高価。(物にもよりますが、1,5倍位)

 

代表的な絞り柄

豆絞り(まめしぼり)

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

手筋絞り(てすじしぼり)

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

蜘蛛絞り(くもしぼり)

雪花絞り(せっかしぼり)

※藍染風(あいぞめふう→紺色)になる事が多い。

相場

今一般的な木綿の手拭いは

1000円前後が多いです。

2.使い方と楽しみ方

使い方

大きく2つに分かれます。

実用

装飾用

 

細かくは5つ位に分かれます。

実用

・拭く

ハンカチ代わり。

使い方として、手を拭く、汗を拭う、台をふく。

・掛ける、敷く

食事のひざ掛け。

男の和服着物 食事

使い方として、(汚れ防止の為)膝に掛ける、ベンチに敷く。

・包む

簡易袋として。

使い方として、(袋として)包む。

装飾用

・被る

バンダナのように。

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

使い方として、(髪をまとめる為に)被る、(お洒落アクセントの為に)被る、(頭部を隠す為に)被る。

・敷く

インテリアとして。

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

使い方として、(見せるディスプレイとして)敷く。

楽しみ方

ファッション的な楽しみ(和装MIX)

育てる楽しみ(エイジング)

がある。

 

ファッション的な楽しみ(和装MIX)

現代でオススメの和装MIX手法は

↓↓↓

懐からチラ見せアクセント

手拭いの収納場所として一般的です。

特に少しだけチラ見せするとお洒落です。

 

帽子感覚アクセント

「被る」と「巻く」がある。

被る

伝統的なかぶり方

喧嘩かぶり

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

 

ほっかぶり

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

巻く

伝統的な巻き方

捻り鉢巻

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

バンダナ巻き

↑↑↑

以上の結び方は、お祭り専門店さんが非常にカッコいい動画などを用意されています。

育てる楽しみ(エイジング)

もう一つ

使い込むとエイジングが楽しめる

↓↓↓

木綿製品はジーンズの様に

・いい感じに色が落ちる。

・生地の柔らかさが増す。

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

※注意

新品は色落ちが激しいので

最初、お酢を加えた湯に付けておく。(多少色止めできる)

 

何を買えば良いか困ったらコレ

↓↓↓

紺×白の豆絞り(まめしぼり)

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

柄が古典的(クラシック)で何かと便利だからです。

有名店

全国

かまわぬさん

古典柄と現代柄のバランスがちょうど良い、全国に取り扱い店がある有名店さんです。

大都市に出店されていたりします。

東京

てぬぐい ちどり屋さん

日本橋の名店ちどりやさん。

江戸の職人技を大切にするこだわり店。

京都

sousou伊勢木綿

現代和装で有名なsousouさんの木綿専門店。

創作の現代柄がおもしろいです。

服装

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,手拭い,

羽織(はおり→和装ジャケット)

ウール

着物

ウール

角帯(かくおび→一般的な長方形の帯)

銀鼠(ぎんねず→シルバーグレー)

足袋(たび→和装靴下)

草履

雪駄(せった→底に革を貼ったカジュアル草履(ぞうり)の一種。男性のみ)

羽織紐(はおりひも→羽織の前面につく紐)

平組(ひらぐみ→板状に組んだ組紐)

濃い緑

アクセント

手拭い(懐から出す)

豆絞り

白地に紺

特に、被りと懐アクセントはオススメ。

3.ポイント

・手拭いの歴史は古代からあり、平安時代では麻、絹が主流だった

・現在主流の木綿は、江戸時代に銭湯文化と結びついたことで普及した

・染色技法は注染と絞りとプリントがあり、古典柄は小さい模様の繰り返しで、現代柄は絵のようになっている事が多い

・実用と装飾用があり、細かく5つの使い方がある。(拭く、掛ける、包む、被る、敷く)

・和装MIXとして、「懐からチラ見せアクセント」と「帽子感覚アクセント」がオススメ

 

以上、男の和服着物の手拭いでした。

江戸時代から庶民に愛されている手拭いは、現代もハンカチ代わりに使われています。

日本の伝統柄を気軽に身に付けられると言う意味で、(和の文化の)きっかけとして良いですね。

文化
手拭いコレクションとしても楽しいですね

文化bunka【男の裏着物の研究家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る

友だち追加

-男の和服着物の応用

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2020 AllRights Reserved.