お洒落でモテる男の和服着物スタイル情報満載ウェブ学校

男の和服着物 モッズ MODS スクール




男の和服着物の基本

【男の和服着物の組み合せ方】形!色!素材!のポイント

更新日:

洋服に慣れ親しんだ皆さんはいつも洋服の組み合わせをしております。

しかし和服では組み合わせの仕方が少し違います。

ここではそのポイントを解説していきます。

一緒に見ていきましょう。

文化
感覚をつかみましょう

1、服の組み合わせ

長着はワンピース型なので常にセットアップ(洋服で言うところの上下セット)されています。

ですので、洋服感覚ではスーツをイメージすると分かりやすいですね。

和服着物には大きく分けると

長着(ながぎ→着物)

羽織(はおり)

袴(はかま)

の4つに分かれます。

基本的には長着に帯と羽織を合わせてコーディネートします。

注意点として 基本、袴は礼装です。

袴は種類にもよりますが、感覚的にはタキシードジャケットのようなものです。

(穿くモノなのにジャケットというのはわかりづらいですが)和装では下半身の装いが格に大きく影響します。

本当の礼装では、組合せが決まっているので、今回はドレスカジュアル〜カジュアルのコーデ組み合わせを見ていきます。

洋装に置き換えると、

長着はシャツとパンツ

男の和服着物、シャツ、パンツ、長着、

羽織はジャケット

男の和服着物、ジャケット、羽織

帯はベルト

男の和服着物、ベルト、帯、モッズ

羽織紐・半衿はネクタイ

男の和服着物、ネクタイ、半衿、羽織紐

と考えると分かりやすでしょう。

和服着物においての、服の組み合わせとは、

羽織+長着+帯(洋装でのスーツスタイル感覚)

男の和服着物、スーツ、羽織長着姿

この組み合わせなのだと、ここでは確認しておいて下さい。

2.色の組み合わせ

これが和服着物の色合わせだ!とはなかなか言えないものですが、こんな傾向です。

1.洋服感覚では 同系色(同系明度)の組み合わせを多く利用しますが、和服感覚では 反対色(反対明度)の組み合わせを多用します。

白系の着物に、黒系の帯、灰色系の羽織

男の和服着物、モッズ、組み合わせ、色、黒、白

 

黒系の着物に、白系の帯、白系の羽織

男の和服着物、モッズ、組み合わせ、色、白、黒

2.和装は、原色カラーを特に嫌います

洋服感覚ではヴィヴィッドトーン(はっきりした色調)

和服感覚では グレイッシュトーン(少しグレーみが入った渋い色調)

が多くみられます。

和服がグレイッシュトーンの理由は、

草木染め(くさきぞめ→草木から直接抽出した染料を使って染める技法)から作られる事によって渋みのある色が作られるからです。

ですので、和名がついた日本色は、綺麗な色でも何処か渋さが漂う印象です。

色柄を持ってくる際も、日本色(グレイッシュトーン)の優しい色調で選ぶとしっくりきます。

例、

藍色(あいいろ)長着に

銀鼠(ぎんねず)の帯

白羽織

 

海松色(みるいろ→茶色がかった黄緑色)の長着

栗色の帯

焦げ茶羽織

 

オススメは、細かい所にアクセントとなる色を持ってくる手法です。

色を使う場所として、

長襦袢(ながじゅばん→着物の下に着る着物)

半衿(はんえり→長襦袢ながじゅばんの衿に付ける付け衿)

羽織紐(はおりひも→羽織の前を留める飾り紐)

などがあります。

※長襦袢(ながじゅばん)は、袖口から少し覗きます。

墨色の長着に、銀鼠の帯、白羽織、赤色の羽織紐

男の和服着物、モッズ、組み合わせ、色、羽織紐、

白長着に、墨色帯、黒羽織、藤色の半衿

男の和服着物、モッズ、半衿、色、組み合わせ

鼠色の長着に、黒の帯、白羽織、藤色の長襦袢

3.形の組み合わせ

全体的な形について

洋服感覚では(立体服を使って)立体感のある形を作り出す事が多いです。

全身タイトのIライン

あるいは少しゆったり違和感のないように繋げるAライン

男の和服着物、Aライン、スタイル

Yライン等あります。

男の和服着物、Yライン、洋服、スタイル

和服感覚では(平面服を使って)下半身が立体的な筒状(裾が細まります)を理想としてます。

基本はYラインです。

上半身はゆったりで、下半身はぴったりです。

特に下半身はぴったりタイトに着るというのが美しい着方です。

男の和服着物 基本構成 長着

 

(太さ、長さについて)

そこに羽織をふわっと羽織ります。

・羽織丈の長さ

短い→スタイリッシュ

長い→お洒落感

 

・帯の太さ

太い→装飾的

細い→粋でシンプル

※羽織、長着(ながぎ→着物の事)共に、形に変化が無いので洋装と違い戸惑う方もみえますが、

紳士服のテーラースーツを例にとっても、同じく形がほぼ決まっています。

4.素材の組み合わせ

長着(ながぎ→着物)・羽織

男性の和服着物で使われる素材は、

羽二重(はぶたえ→艶のある上等な絹織物)

御召(おめし→凹凸のシボがあり、艶もあるちょっと上品な絹織物)

縮緬(ちりめん→凸凹した表面の絹織物)

紬(つむぎ→手で紡いだ素朴な絹織物)

木綿

ウールです。

このうち、羽二重(はぶたえ)は礼装用なので、組み合わせは決まってしまいます。

また、麻やウールは季節感も関係してきます。

男性物は、

基本御召(おめし)

縮緬(ちりめん)

紬(つむぎ)

の3種類の素材(これに木綿を加えても良いです)を組み合わせていきます。

素材感を見て判断しましょう。

※当然同素材の羽織、長着(ながぎ→着物の事)の組合せはピッタリ合いますので、ここでは省きます。

(つむぎ)の長着に、御召(おめし→凹凸のシボがあり、艶もあるちょっと上品な絹織物)羽織。

(つむぎ)の長着に、縮緬(ちりめん→表面に凹凸のシボがある生地)の羽織。

縮緬(ちりめん→表面に凹凸のシボがある生地)長着に、御召(おめし→凹凸のシボがあり、艶もあるちょっと上品な絹織物)の羽織。

縮緬(ちりめん→表面に凹凸のシボがある生地)長着に、(つむぎ)の羽織

御召(おめし→凹凸のシボがあり、艶もあるちょっと上品な絹織物)長着に縮緬(ちりめん)の羽織

御召(おめし→凹凸のシボがあり、艶もあるちょっと上品な絹織物)の着物に、(つむぎ)の羽織

 

角帯の種類は基本絹織物で、どの素材の長着でも合わせられると思って良いです。

博多帯{はかたおり→博多で作られる丈夫な帯。献上柄(けんじょう柄が有名)}

男の和服着物 角帯

西陣織(にしじんおり→京都の西陣で作られる帯。女性帯に多いです。)

 

綴れ織(つづれおり→古代から作られる格の高い帯。)

 

たまに、染帯(そめおび)や、ミンサー織り(沖縄の木綿織り物)あるようです。

織り方で風合いが変わります。

男の基本は博多がオールマイティーです。

余裕が出たら、好みに応じて、博多以外も取り入れてみましょう。

新しい組み合わせを考えてみましょう。

5.ポイント

・洋服でもカジュアルよりも、スーツスタイルのドレッシーなスタイルをイメージすると比較的わかりやすいです。

・色の組み合わせは、初めてだとわかりにくいです。雑誌を見るとだんだんわかるようになります。

・形について、ヨーロッパのギリシャ神話に出てくるワンピーススタイルをイメージしてしまうと 誤りです。(ヨーロッパスタイルではスカート状になり腰の位置に帯を締めてしまっています。)

・和服着物は基本的には シワもなく、平面的に体を見せます。理想は筒状です。

・最後に、素材合わせは難しいので、実際に試しながら覚えてい着ましょう。

 

以上が合わせ方になります 。

これは感覚なのでご自身で試してみましょう。

その為には、自宅に居る時に組み合わせを試す事が重要です。

ぜひ身に付けてください 。

文化
楽しんで やってみましょう

文化bunka 【男の和服専門家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る

友だち追加

-男の和服着物の基本

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2019 AllRights Reserved.