男の和服着物の四季イベント・行事 男着物のお出掛けレポート

【男の和服着物の大相撲】一日楽しめる和装スポットに行ってみた!?

更新日:

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵

mohamed_hassan / Pixabay

日本の国技の相撲です。

これまで民衆の娯楽として今日の「スポーツ観戦の元祖」として愛されてきました。

今回は、この相撲興行を和装スポットとして考えてみたいと思います。

文化
お急ぎの方へ

要点だけであれば、3ポイントをご覧下さい。

1,歴史

意味

「取っ組み合い」から始まったらしいです。その後、秋の収穫において、占いの一環として行事化され、娯楽へと変化していったようです。

歴史

古事記(712年)、日本書紀(720年)に記載された「力比べ」が起源として挙げられます。

その後、農作物の収穫を占う儀式として毎年行われました。

鎌倉から戦国時代にかけて、力自慢から相撲を職業にする者が現れはじめ、戦国時代中期には興行が盛んに行われました。

江戸時代に入ると、谷風(たにかぜ)、小野川(おのがわ)、雷電(らいでん)の三大力士が現れ人気も沸騰。この頃には歌舞伎と並んで、庶民の娯楽として定着しました。

ルール構成

男の和服,モッズ,メンズ着物,和装,裏着物,和,文化,狐面,歴史,相撲,日本,力士

相手を土俵(どひょう→相撲の丸い競技場)の外に出すか、地面に足の裏以外をつけらたら勝ち。

取組(とりくみ)

試合のこと

 

試合(取組)前の儀式

↓↓↓

塵手水(ちりちょうず)

男の和服,モッズ,メンズ着物,和装,裏着物,和,文化,狐面,歴史,相撲,日本,力士

武器など持っていない事を示す儀式です。

しゃがんだ状態{蹲踞(そんきょ→かかとを付けず、股を開いてしゃがんだ状態)}で、手を叩いた{柏手(かしわで→神社で神を呼ぶために手を叩く事)}後、両手を広げ、手のひらを返す動作。

 

所作

力水(ちからみず)

力士が土俵に上がるときに他の力士から渡される清めの水。

身を清めて土俵に上がるため。

 

清め塩(きよめのしお)

男の和服,モッズ,メンズ着物,和装,裏着物,和,文化,狐面,歴史,相撲,日本,力士

LoggaWiggler / Pixabay

土俵を清める目的と、怪我をしないように祈る意味あい。

 

仕切り(しきり)

仕切り線(白い二本線)に拳をつけること。

お互いの呼吸とタイミングを合わせているそうです。

この仕切りは制限時間内なら何度でも行なえます。

 

立合い(たちあい)

独特の試合の始まり方です。両者の暗黙の了解で始まります。

 

弓取り式(ゆみとりしき)

結びの一番(その日の最後の試合)の勝者に代わって代理人が演じる、勝者の舞。

 

衣装

廻し(まわし)

力士が腰に締める絹製の布です。

ふんどしの一種で、長さ6~9m(胴回りの7倍位)、幅45cmほどの布を4つ折りにして使う。

 

 

スタッフ

↓↓↓

 

行司(ぎょうじ)

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵

12019 / Pixabay

取組(とりくみ)の真ん中にいる人で、進行と判定を行う人です。

 

勝負審判(しょうぶしんぱん)

土俵の脇にいる紋付き姿の人たちです。

行司の判定に異議申し立て(物言い→ものいい)が出来ます。

出世の仕方

男の和服,モッズ,メンズ着物,和装,裏着物,和,文化,狐面,歴史,相撲,日本,力士

幕内(まくうち)

↓↓↓

横綱(よこずな)

10~15人程の付き人がつく。

大関(おおぜき)

三役の一つ。両国国技館の地下駐車場に自家用車で駐車が可能。交通の移動はファーストクラス級になる。化粧廻し(けしょうまわし→儀式用の廻し)の房に紫が使える。

関脇(せきわけ)

三役の一つ。

小結(こむすび)

三役の一つ

前頭(まえがしら)

私物の座布団が許可される。四股名の入った浴衣を許可される。大銀杏(おおいちょう→髷の先をイチョウの形にしたもの)を結える。

↑↑↑

幕内(まくうち)

 

十両(じゅうりょう)

着物で場所入り出来る。紋付き袴の正装を許される。共用の座布団が使える。袴の着用が許可される。土俵でつける廻しが絹製になる。

↑↑↑

関取(せきとり)

 

力士養成員

↓↓↓

幕下(まくした)

博多献上(はかたけんじょう→男の定番帯)とマフラーやコート着用が許される。畳張りの雪駄(せった→底に革を貼ったカジュアル草履(ぞうり)の一種。男性のみ)が履ける。足袋(たび→和装靴下)が履ける。

三段目(さんだんめ)

畳張りでない雪駄(せった→底に革を貼ったカジュアル草履(ぞうり)の一種。男性のみ)を履くことが許される。羽織(はおり→和装ジャケット)の着用が認められる。

序二段(じょにだん)

序ノ口(じょのくち)

↑↑↑

力士養成員

技の種類

四十八手(しじゅうはって)

相撲における決め技の種類です。

代表の十手

↓↓↓

首投げ

押し出し

上手投げ、

うっちゃり、

とったり、

吊り出し

はたきこみ、

二丁投げ、

寄り切り、

下手投げ

 

世界の相撲

世界中に組み相撲は存在しています。

モンゴル

ブフ

古来より行われている。

弓を射ること、馬を早く走らせること、力強く組み合う事の3種類を鍛えることから派生したそう。

 

韓国

シルム

土俵はなく、組み合った状態から投げ合う。

 

セネガル

セネガル相撲

セネガルでの人気スポーツ。野外にある大きな円形の土俵で、相手の膝か背中を付けたら勝ち。他の相撲と違い素手の打撃が認められます。

↑↑↑

これにより外国力士誕生の土壌が出来ているといえます。

力士の服装

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵,

一般の人より体が大きい為、工夫がなされます。

肩に継ぎ(つぎ→生地を継ぐ)を入れているのは、通常の反物幅では作れないためです。

2、楽しみ方

事前

チケットの買い方

サイト予約か、コンビニ、チケットぴあ

 

たまり席

通称、砂かぶり席といい、審判のすぐ後ろの座布団席。

食事や飲み物が持ち込めないようです。

相場:約15000円

 

ます席

たまり席の後ろで、1階の座布団席です。

正方形の形に仕切られ、約4人分の座布団スペースです。

飲食自由です。

相場:8列目までが約12000円

12列目までが約11000円

15列目までが約10000円だそうです。

 

いす席

2階にある1~13列目までの席です。

相場:6列目まで約9000円

11列目までは約5000円

13列目までは約4000円

 

自由席

14列(最後の列)

当日券で朝から並ぶと買えます。

相場:約2000円

当日・スケジュール

8時25分から前相撲

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵,

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵,

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵,

8時35分序ノ口幕下

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵,

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵,

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵,

スポンサーリンク

12時50分から新庄市末広

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵,

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵,

14時15分十両土俵入り十両取組

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵,

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵,

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵,

15時40分幕内土俵入り

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵,

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵,

16時20分幕内取組

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵

17時15分三役揃い踏み千秋楽のみ

18時弓取り式

19時夕食和食屋さん 予約しておく

相撲談義

 

特徴的な行動

座布団の舞(ざぶとんのまい)

格下力士が横綱に勝つ大金星を上げた時に、観客が土俵に向かって座布団を投げることです。

波乱が起きた事の表現方法のようです。

懸賞(けんしょう)

勝利した力士に与えられる金銭の事で、取組前に懸賞旗(けんしょうばた→スポンサーの宣伝が描かれた旗)を持った人が土俵をぐるっとまわります。

懸賞が多いほど、旗を持った人の列は長くなります。

 

化粧廻し(けしょうまわし)

儀式用の廻し(まわし)です。土俵入りする力士と弓取式をする力士が締められます。

後援者から送られ、主につづれ織り(つづれおり→高級絹織物。)か博多織(はかたおり→男の帯産地で有名な織物)だそう。

房の色は紫のみ使用者が限定されます。{横綱(土俵入りの際のお供も)、大関経験者}

ちゃんこ

焼き鳥

売店

グッズ

手形

写真

服装

冬・袷(あわせ→裏地付きの着物)

 

羽織(はおり→和装ジャケット)

紬(つむぎ→手で紡いだ糸で作るカジュアル生地)

ライトグレー

着物

紬(つむぎ→手で紡いだ糸で作るカジュアル生地)

ダークグレー

角帯(かくおび→一般的な長方形の帯)

博多献上(はかたけんじょう→男の定番帯)

グレー

履物

草履(ぞうり→クッション入りの和装サンダル)

グレー

足袋(たび→和装靴下)

羽織紐(はおりひも→羽織の前面につく紐)

丸組(まるぐみ→円柱状に組んだ組紐)

夏・薄物(うすもの→裏地がなく、透ける涼しい着物)

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,相撲,土俵,

着物

絹紅梅(きぬこうばい→夏用の着物生地、上等な浴衣にも使われるスケスケな生地)

深緑

角帯(かくおび→一般的な長方形の帯)

博多献上(はかたけんじょう→男の定番帯)

履物

草履(ぞうり→クッション入りの和装サンダル)

グレー

足袋(たび→和装靴下)

帽子

カンカン帽

3.ポイント

・力自慢の取っ組み合いから競技化した。昔は占いの儀式的意味があったため、取組前にもいろいろ儀式的な動きがある

・ルールは土俵に足の裏以外をつかせた方の勝ち。世界中に似たスポーツがある

・一年を通し全国興業を行なっており、大きく東京・名古屋・大阪・九州

・スケジュールは早く、8時頃入場から18時ごろまで。売店があり楽しめる。独自階級があり、階級の低い者から取組がはじまる

・席はたまり席、ます席、イス席、自由席とある

・服装は白足袋にしたい

 

以上,男の和服着物の大相撲でした。

毎年、東京・大阪・名古屋・博多など地方でも多く興行しています。

見る機会があれば(当日券なら)数千円で見れますので試しにご覧下さい。

和装で大相撲も、落語と同じくレギュラー化させたいですね。

文化
力士の浴衣は毎年趣向が凝らされておりますね

文化bunka【男の裏着物の研究家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る

友だち追加

-男の和服着物の四季イベント・行事, 男着物のお出掛けレポート

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2020 AllRights Reserved.