お洒落でモテる男の和服着物スタイル情報満載ウェブ学校

男の和服着物 モッズ MODS スクール




男の和服着物の基本

【男の和服着物の寸法】呉服屋さんも知らない仕立屋さん方式!

更新日:

ご自身にぴったりの寸法で着る事。

男の和服着物モッズで一番大切な要素かもしれません。

ただし寸法は、誂え(あつらえ)のなかで一番難しいものです。

ここでは和服着物を新調する際、気を付けるポイントをお話しします。

ぜひ、ご自身のベストな寸法を覚えておいてください。

文化
これで着姿が決まります。

寸法

※あくまで、1つの方法です。お店や人により寸法の出し方は違ってきます。

 

クジラ尺の意味

ほとんどの呉服屋さんはクジラ尺を使うので覚えた方が良いです。ただし、地域によっては曲尺(かねじゃく)を使う所もありますが、ここでは省きます。

クジラ尺という寸法では、尺(しゃく)、寸(すん)、分(ぶ)という単位を使います。

1尺(しゃく)=約38cm

1寸(すん)=約3.8cm

1分(ぶ)=約0.38cm

例、

76cmはクジラ尺だと約2尺(しゃく)

1尺(しゃく)8寸(すん)5分(ぶ)は、約70cm

 

では、具体的な寸法に入っていきます。

一般的な寸法

長着(ながぎ)

ズバリ、寸法で失敗しやすいのは、

身幅(みはば)と身丈(みたけ)です。

ご自身のベストな身幅と身丈が分かれば合格です。

では具体的な採寸についてみて見ましょう。

 

まず、裄(ゆき)とヒップを測ります。

その他の寸法は、ご自身の身長、裄(ゆき)とヒップから計算で割りだします。

 

一般的な計算式

男の和服着物 長着 寸法 名称

A.身丈(みたけ)・・

(身長−30cm)÷3.8(1寸)

B.裄(ゆき)・・

採寸(直接測る事)

C.袖丈(そでたけ)・・

固定 1尺3寸0分(49.4cm)

ただし、身長165cmより低い場合は1尺2寸5分(47.5cm)も検討。

D.人形(にんぎょう)・・

固定 2寸5分(9.5cm)

E.前幅(まえはば)・・

ヒップ(センチ)÷4÷3.8(1寸)

男の和服着物 長着 寸法 名称

F.後幅(うしろはば)・・

前幅+1寸5分(5.7cm)

G.抱き幅(だきはば)・・

(胸囲の無い方は微調整出来ます)-5分

H.褄下(つました)・・

身丈÷2+5分(1.9cm)

I.袖幅(そではば)・・

裄(ゆき)÷2+2分(0.76cm)

J.肩幅(かたはば)・・

裄(ゆき)÷2-2分(0.76cm)

男の和服着物 長着 寸法 名称

長襦袢(ながじゅばん)

男の和服着物 長襦袢 名称 寸法

長着の寸法から割り出します。

A.襦袢丈(じゅばんたけ)・・

採寸(背からくるぶし真中まで)あるいは、身丈-1寸(3.8cm)

B.裄(ゆき)・・長着裄-2分(0.76cm)

C.袖幅(そではば)・・長着袖幅-2分(0.76cm)

D.袖丈(そでたけ)・・長着袖丈-2分(0.76cm)

E.肩幅(かたはば)・・長着肩幅と同寸

男の和服着物 長襦袢 名称 寸法

F.袖付(そでつけ)・・

長着袖付け-2分(0.76cm)

G.袖口(そでぐち)・・固定 7寸(26.6cm)

H.前幅(まえはば)・・長着前幅+1寸(3.8cm)

I.後幅(うしろはば)・・

長着後幅+5分(1.9cm)

男の和服着物 長襦袢 名称 寸法

羽織(はおり)

男の和服着物 羽織 寸法 名称

A.羽織丈(はおりたけ)・・

採寸(今の主流はやや長めですが、個人的に膝上がオススメ)

B.裄(ゆき)・・着物裄+2分(0.76cm)

C.袖幅(そではば)・・+2分(0.76cm)

D.肩幅(かたはば)・・長着肩幅と同じ

E.袖丈(そでたけ)・・+2分(0.76cm)

男の和服着物 羽織 寸法 名称

F.袖口(そでぐち)・・長着袖口と同寸

G.前幅(まえはば)・・

長着の前幅から-1寸〜1寸5分(-3.8cm〜5.7cm)

H.後幅(うしろはば)・・長着後ろ幅と同寸

I.乳下がり(ちさがり)・・

採寸。剣先と角帯上ラインとの中間がベスト。一般的に肩から1尺5寸(5.7cm)前後

男の和服着物 羽織 寸法 名称

ポイント

ポイント

抱き幅(だきはば)・・

普通-5分(1.9cm)。もし、胸囲がある場合-3分でも、-0分でも調整可能です。

身丈(みたけ)・・

帯結ばず羽織った時、床にすれる位。長め。

身幅(みはば)・・

後幅は、やや狭め、前幅をやや広め。

褄下(つました)・・

足の長さに見えるので、やや長めが良いです。帯を腰に締めたとき、4、5センチ(1寸~1寸3分)ほど衿下が覗くのが望ましいです。

袖丈(そでたけ)・・

固定の1尺3寸0分ですが、身長が165cm以下なら

1尺2寸5分(47.5cm)へ変更も検討して良いと思います。

羽織丈(はおりたけ)・・

これはその時代の流行を反映し変化します。

今は膝ぐらいか、やや長めです。

我々は江戸系の和服着物モッズなので、やや短めの膝上5センチ(1寸3分)程です。

内揚げ(うちあげ)・・

帯を締めたときに隠れる位置です。

まずは、ご自身の帯結びの位置を確認しましょう。

乳(ち)の位置・・

身長によって前後します。採寸して決めると良いです。

角帯の上ラインと剣先(けんさき→衽線と衿のぶつかる点)の中間が安定して綺麗に見えます。

裏話

基本、呉服屋さんは仕立て屋さんと違い、寸法に対しそこまで詳しくないです。

故にトラブルになりやすいのもこの採寸の見立てです。

任せきりでも大丈夫な所にお願いするのが安心です。

ただ、なかなか採寸見立ての良い所に巡り会いにくい様です。

ですので、ある程度数字はわかった方が良いと思います。

海外の仕立てについて

今多くの呉服屋さんが、海外の仕立てを用意していると思います。

 

メリット、デメリットを把握しておくようにしてください。

メリット

・仕立て代がお値打ち

・意外と縫い目は綺麗

・お店によっては裏地代も込みの仕立てが用意されているのでお得

デメリット

・細かな要望に応えられない(抱き幅の調整など)

・納期が長い(通常一か月、海外は1か月半程)

・裏地込みの仕立ての場合、裏地の質が悪い(生地が薄い等)

反物から寸法取れるかの見方

反物からご自身の寸法が取れるかの確認方法です。

まず店員さんがやってくれますが、自分でも知っておくと良いでしょう。

男の和服着物 反物 寸法

幅の確認

・メジャーなどで反物の端から端を測る(ミミがある場合も同じ)

・測った寸法ー5分(約1.9cm、縫い代分)×2=裄(ゆき→手の長さ)の可能寸法

 

長さ確認

・およそ1反=3丈(じょう→約3.8m)=約12m




以上、男の和服着物の寸法と仕立てでした。

男の和服着物は、サイズが大まかで融通が利くと思われがちですが、

カッコよく着る為にはご自身にベストな寸法を模索しましょう。

一発ですんなりベストの寸法は難しいものです。

微調整を繰り返しましょう。

傾向として、

小さいより大きい方が良いですし

短いより長いほうが良いでしょう。

文化
モッズにとってサイズは命。より美しいサイズを追及しましょう

文化bunka【男の和服着物の研究家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る

友だち追加

-男の和服着物の基本

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2019 AllRights Reserved.