お洒落でモテる男の和服着物スタイル情報満載ウェブ学校

男の和服着物 モッズ MODS スクール




男の和服着物の基本

【男の和服着物の部分名称】分かりにくい言葉にふりがな付き解説

更新日:

男の和服着物の部分名称について、洋服では使われない独特な言葉が出てきます。

和服着物モッズ初心者の皆さんが和服着物の研究をする際、この「用語」につまずいて困っていらっしゃいます。

今後、この部分名称を使っていろいろ説明しますので、ここで押さえておきましょう。

文化
ふりがなも付いてますので安心して下さいね

長着(ながぎ⇒着物の事)

男の和服着物 長着 名称

 

1.身丈(みたけ)・・仕立てる縦の長さの事。

2.着丈(きたけ)・・着る時の長さの事。※女性和服の場合、身丈と着丈は違いますが、男性和服の場合、身丈、着丈共に同じです。

3.前身頃(まえみごろ)・・和服の前部分の布の事。

4.後身頃(うしろみごろ)・・後部分の布の事。

5.肩幅(かたはば)・・背縫い(せぬい⇒背中の縫い目)から、袖が付いている所までの長さ。

6.袖幅(そではば)・・袖口から、袖が付いている所までの長さ。

7.肩山(かたやま)・・和服を畳んだ時に折り目がつく肩部分。

8.袖山(そでやま)・・和服を畳んだ時に折り目が付く袖部分。

9.人形(にんぎょう)・・袖の下部。袖付けで縫われてない部分。

10.衽(おくみ)・・前身頃に縫い付けられた部分。

男の和服着物 長着 名称

11.衽線(おくみせん)・・身頃に衽(おくみ)が縫い付けられた縫い目の事

12.共衿(ともえり)・・和服の衿に縫い付けられた、掛け衿の事。

13.褄下(つました)・・衿先から裾までの長さの事。

14.内揚げ(うちあげ)・・腰辺りに縫い込まれた部分。身丈(みたけ)の長さを後からでも出せるようにしている。

15.抱き幅(だきはば)・・袖付け止まりから衽(おくみ)の縫い目までの長さの事。ちょうど胸のラインの高さ。

16.揚げ下がり(あげさがり)・・肩山から内揚げ(うちあげ)までの長さの事。

17.剣先(けんさき)・・衿と衽線(おくみせん)が交わる所。

18.褄先(つまさき)・・褄下(つました)と裾の出会う角の事。

19.合褄幅(あいづまはば)・・衿先の高さでの衽(おくみ)幅の事。※裾での衽幅(おくみはば)と長さが違う事がある。

20.脇線(わきせん)・・横の縫い線。前身頃と後身頃の縫い線の事。

男の和服着物 長着 名称

 

羽織(はおり)

 

男の和服着物 羽織 名称

1.襠(まち)・・前身頃と後身頃の間に付ける布部分の事。脇部分にある布。

2.前下がり(まえさがり)・・前身頃の裾が少し下がり気味に仕立てられている部分の事。または、後身頃より前に下がって見える寸法の事。

3.乳(ち)・・羽織紐を通す為の輪っかの事。衿に付いており、ちょうど胸の位置にある。

4.羽織丈(はおりたけ)・・羽織の縦の長さの事。

5.羽裏(はうら)・・袷(あわせ)の羽織の裏地。ちょうど、背中の上部までの長さ。

6.乳下がり(ちさがり)・・肩山から、乳(ち⇒羽織紐をつける輪っか)までの長さ。

7.返し(かえし)・・後身頃を切り落とさず、裾から内側に折り込んだ部分。

男の和服着物 羽織 名称

 

袴(はかま)

 

 

男の和服着物 袴 名称

1.後ろ腰幅(うしろこしはば)・・袴(はかま)の後ろ腰部分。幅。

2.投げ(なげ)・・袴(はかま)の脇の縫い合わさってない部分。

3.相引き(あいびき)・・袴(はかま)の脇の縫い合わさっている部分。

4.ひだ寄せ(ひだよせ)・・袴(はかま)の前部中央に寄せてとるひだの事。

5.前わき幅(まえわきはば)・・一のひだ(前身頃にある3つのひだの一つ、一番外側)の裾幅。

男の和服着物 袴 名称

6.前丈(まえたけ)・・紐から三のひだ(前身頃にあるひだの一つ、一番内側)裾までの長さ。

7.笹ひだ(ささひだ)・・袴の脇の縫い合わさってない部分の前身頃側。

8.一のひだ(いちのひだ)・・前身頃にある3つあるひだの内の一つ。一番外側の2つ。

9.二のひだ(にのひだ)・・前身頃にある3つあるひだの内の一つ。真ん中の2つ。

10.三のひだ(さんのひだ)・・前身頃にある3つあるひだの内の一つ。一番内側で1つのみ。

11.前紐(まえひも)・・前布に縫い付けてある紐の事。

12.後ろ紐(うしろひも)・・後ろにある腰板(こしいた)に縫い付けてある紐の事。前紐より短い。

男の和服着物 袴 名称

 

長襦袢(ながじゅばん⇒長着の下に着る下着の事)

 

男の和服着物 長襦袢 名称

1.無双(むそう)・・袖の部分だけ袷(あわせ⇒裏地がある)仕立てになってる仕様。

2.襦袢丈(じゅばんたけ)・・長襦袢(ながじゅばん)の長さの事。

 

男の和服着物、帯の部分名称

垂れ先(たれさき)・・帯の両端の内、幅広に使う側。

手先(てさき)・・帯の両端の内、半分の幅に折った側。

 

足袋(たび⇒和装靴下のようなもの)

 

男の和服着物 足袋 名称

1.底(そこ)・・足袋の底部分。

2.内甲表(うちこうおもて)・・親指を入れる部分。

3.外甲表(そとこうおもて)・・親指以外の4本指を入れる部分。

4.こはぜ・・かかと部分にある留め金。

男の和服着物 足袋 名称

5.尻(しり)・・かかとの底部分。押え部分。

6.掛け糸(かけいと)・・コハゼを引っ掛けて止める糸部分。

7.鎌(かま)・・外甲と内甲の合わさる部分。

8.外甲裏(そとこううら)・・4本指入れる部分の裏地。

男の和服着物 足袋 名称

 

雪駄(せった⇒男性用草履)

 

男の和服着物 雪駄 名称

1.鼻緒(はなお)・・足をホールドする紐の事。

2.前緒(まえお)・・鼻緒(はなお)の前部分。

3.横緒(よこお)・・鼻緒(はなお)の足甲をホールドする部分。

4.前坪(まえつぼ)・・前緒(まえお)と横緒(よこお)が交わる部分。

5.表(おもて)・・足を乗せる表台の事。

6.後穴(あとあな)・・鼻緒(はなお)両端が入る穴の事。

7.皮底(かわそこ)・・履物の底部分。

8.ベタガネ・・上級者向け。かかとに付ける金属板の事。チャラチャラ音が鳴る。

男の和服着物 雪駄 名称

 

 

以上、和服着物の部分名称でした。

覚えにくい言葉もあったかと思いますが、何度も口に出していると自然に身に付きます。

これらは、今後寸法の際に使いますので大切です。がっちり押えておきましょう。

文化
身近でない言葉も、使えるとプロっぽいですよ

文化bunka 【男の和服専門家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る

友だち追加

-男の和服着物の基本

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2019 AllRights Reserved.