お洒落でモテる男の和服着物スタイル情報満載ウェブ学校

男の和服着物 モッズ MODS スクール




男の和服着物の基本

【男の和服着物の着方】6つの着付けから3つの裏技までを大公開!!

更新日:

基本的な着方は必須であり、一番のハードルでもあります。

最難関の帯結びは、また別の記事でご紹介しますので、

今回は帯結び手前である、

6つの着方

{ふんどし、肌襦袢(はだじゅばん→着物の下着)、

足袋(たび→着物の靴下)、ステテコ(着物のズボン型下着)、

長襦袢(ながじゅばん→長着の下に着る着物)、長着(ながぎ→着物の事)}と

3つの裏技

{衿止め(えりどめ→衿を開かない様にする金具)、

コーリン腰ひも、腰パット}

までをお伝えします。

では、一緒に見ていきましょう

文化
洋服と大きく違う「着こなし編」です

1、基本知識

•男物の着方はとても簡単です。

着付けが難しいと言われるのは、女性物だけです。

•ポイントはズバリ背中線(せちゅうせん→背中の縫い目)です。

•衿元のズレと、裾線がズレがない状態を目指します。

•イメージは身体を包んで、ラッピングするだけです。

男性の和服着物は対丈(身長に対してピッタリの寸法)なので、

羽織って身体前で打合せて腰紐で固定という流れです。

ワンピース型なので上半身は少しだけゆとりを入れ、

肩周りが動きやすくしましょう。

「下半身はタイトに上半身はゆったりと」です。

•この時和服着物が着る方の寸法に合っていないと

巻きつけ過ぎたり、幅が足りなかったりします。

(古着を使用する場合は考慮しておきましょう)

2、着付け

肌着

褌(ふんどし)

越中(えっちゅう)ふんどしと、六尺(ろくしゃく)ふんどしがあります。

ここでは、簡易的な越中(えっちゅう)ふんどしを解説していきます。

・布を腰後ろにして、左右の紐を腰前で結びます。

ふんどし

・股を通して後ろの布を腰前に持ってきて、紐に内側手前から外前に向け乗せます。

ふんどし

・形を整えて完成です

ふんどし

肌襦袢(はだじゅばん)

・羽織ります

肌襦袢

・左右前(右衿先を持って左腰に持って行きます。続いて左衿先も同様に。)を打ち合わせます

肌襦袢

・この時、紐付きの肌襦袢(はだじゅばん)の場合、左右の衿先をそれぞれ紐で結んで固定します。

肌襦袢

・完成です

肌襦袢

ステテコ・裾よけ

下半身用の下着は2つあります。

ステテコ(ズボン型)と裾よけ(スカート型)

ここでは、ステテコの解説をしていきます。

ただ、穿くだけ

ステテコ

完成です。

 

足袋(たび)

・足袋を半分ぐらい外側に折り返します

足袋

・左片ひざをついて、足袋を右足に近づけます

 

・爪先を足袋に入れる際、まっすぐではなく、気持ち(足袋を足の外側に)傾けた状態で差し込みます

足袋

・するする足を入れながら、足袋の傾きをまっすぐの状態に戻していきます

足袋

・完全に足袋が爪先まで入ったら、折り返した部分を戻します

足袋

・かかとまで全て足袋で包みます

 

・続いてコハゼ(留め金)ですが、踵を立てて下から留めていきます。(掛け糸が2本ありますが、外側から2本ともコハゼで留めていきます。)

足袋

・上まで留めて、同じく左足も履いていきます

足袋

 

長襦袢(ながじゅばん)

・両手でそれぞれ袖を持ち、左右に引っ張る。{身体に長襦袢(ながじゅばん)をなじませる}

男の和服着物、モッズ、長襦袢、着方、

・背中線(せちゅうせん→背中の縫い目)を合わせる(共衿先を持って)

男の和服着物、モッズ、長襦袢、着方、背中線

・衿先を左右持って、右前(下前)を先に身体に合わせる(気持ち引き上げる)

・左前を次に身体に合わせる(この時、衿が首後ろに密着するように)

男の和服着物、モッズ、長襦袢、着方

・右手で押さえておき、左手に腰紐を持ちます

・左手の腰紐の真中位置を右手で押さえている場所に当て、腰紐を巻いていく

男の和服着物、モッズ、長襦袢、着方

・一周したら、右腰位置で二回からげ、左右の腰紐を左右反対方向に引っ張る

男の和服着物、モッズ、着方、長襦袢

男の和服着物、モッズ、長襦袢、着方

 

男の和服着物、モッズ、長襦袢、着方

・余っている腰紐部分を再びからげておしまい

男の和服着物、モッズ、長襦袢、着方

男の和服着物、モッズ、長襦袢、着方

男の和服着物、モッズ、長襦袢、着方

男の和服着物、モッズ、長襦袢、着方

・背縫いを少し引いておくと上半身にゆとりが出来、座っても着崩れしません

男の和服着物、モッズ、長襦袢、着方

長着(ながぎ→着物の事)

基本、長襦袢(ながじゅばん→着物の下に着るモノ)と同じです

{前を合わせた時、最後下前(最初に前合わせする部分)

上前(最後に前合わせする部分)を少し上に持ち上げておくと裾細りになってカッコ良いです。}

3、ポイント

•着姿で重要なのは、衿元と裾です。

•衿元は半衿{はんえり⇒長襦袢(ながじゅばん)に付ける替え衿}が

人差し指の幅位見えると美しいです。

•裾は左上前を重ねる時、少し上に持ち上げると裾細りになり格好いいです。

•必ず背中線(せちゅうせん→背中の縫い目)が真中にあるか確認しましょう。

•腰紐の位置が腰骨の位置に正しくあるか確認します。

洋服に慣れていると、ウエスト位置に腰紐を持ってきがちです。

逆に、腰穿きに慣れていると腰紐の位置が下がり過ぎてしまいます。

•腰紐周辺のシワをしっかり伸ばします。

•女性のように、首の後を空けず{これを繰越(くりこし)といいます}に着ます。

裏技

着姿が綺麗になる裏技グッズをご紹介します。

衿止め

衿止め

主に長襦袢(ながじゅばん→長着の下に着る着物)の衿崩れ防止のアイテムです。

S字の金具で、上前の衿(裏側縫い目)と下前の衿(裏側縫い目)に差し込んで使います。

衿止め

表からは見えないので、非常に便利です。

衿止め

コーリンこし紐

コーリンこし紐

ゴムで伸び縮みする腰紐です。

主に着物を固定する際、腰紐の代わりに使うと、動いても緩まず大変便利です。

コーリンこし紐

3つの先端があり、一つ目のクリップで左衿先(右腰辺り)をとめ、

クリップから枝分かれした2つの先端部分を

左右胴に巻き付け、交差する左腰辺りでフックしてとめます。

コーリンこし紐

腰パット

腰パッド

簡易的な補正をしてくれる優れ物です。

例として、私も愛用している某メーカーさんの物でご説明します。

マジックで着脱可能な腰巻で、腰回りの凹凸を消してくれます。

故に、帯周りが安定し、着姿が決まりやすくなります。

腰パッド

使い方は肌着姿の時に腰に巻くだけです。

この時、お腹ではなく、腰回りに巻くようにします。

その後は、普段通り着付けをしていきます。

 

以上、着付け紹介でした。

着付けは、何度も練習すると、どんどん上手くなっていきます。

ご自身のピッタリの着付け方法が見つかるとベストです。

 

文化
経験値が何より物を言う分野ですね

文化bunka 【男の和服着物の研究家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る

友だち追加

-男の和服着物の基本

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2019 AllRights Reserved.