男の和服着物の四季イベント・行事 男の和服着物のTPO

【男の和服着物の成人式】お子様の門出!用意すべきアイテムとは!?

更新日:

あなたのお子様・お孫様が20歳になる時(18歳になる)人生最大の儀式が「成人式」です。

これを境に社会人の仲間入りをするわけです。

この節目はぜひ和服着物で参加して頂きたいですし、参加させてあげて欲しいと思います。

お仕事の関係もあると思いますが、「一生に一度の節目になぜ参加しなかったのか」と悔やむ先輩方も大勢います。

今日はこの成人式について考えてみたいと思います。

一緒に見ていきましょう。

文化
お急ぎの方へ

要点だけであれば、3.ポイントをご覧下さい

1.成人式の起源・意味と服装

成人式の起源・意味

日本の歴史上、成人式に近い儀式が3つほどありました。

↓↓↓

元服(げんぷく)

数え歳で12~16歳の男子が行った儀式です。奈良時代頃にはじまったそうです。髪を大人の髪型に結い、名前も新しい大人の名に切り替えました。 

裳着(もぎ)

12~16歳の女子の儀式です。

裳(も→腰から下にまとう衣服)を身に付ける儀式で、結婚が決まった時などに行われました。この時、髪上げ(垂らした髪を結いあげる)も行われました。
褌祝(ふんどしいわい)13歳の男の子の儀式です。親せきの女性から貰ったふんどしを締めます。

比較的庶民層で地域的に行われたとか。

↑↑↑

以上が日本の成人の儀式に近いものでした。

 

直接の起源は恐らく1946年(昭和21年)11月に行われた

青年祭(埼玉県蕨市で開催)だと思われます。

戦後の虚脱感を感じる中、次世代の青年たちに希望をもたせる為に企画されたようです。

これが全国に広まったとのこと。

基本の服装

成人の男の子(息子様の場合)

黒紋付羽織袴(くろもんつきはおりはかま)

紋付き羽織(はおり→和装ジャケット)

紋付き着物

長襦袢(ながじゅばん→着物の下に着る着物)

角帯(かくおび→一般的な長方形の帯)

足袋(たび→和装靴下)

草履(ぞうり→クッション入りの和装サンダル)

末広(すえひろ)

こし紐(こしひも→帯の下に締める紐)

和装下着類(ステテコ、肌襦袢)

 

色紋付き羽織袴

紋付き羽織(はおり→和装ジャケット)

紋付き着物

長襦袢(ながじゅばん→着物の下に着る着物)

角帯(かくおび→一般的な長方形の帯)

足袋(たび→和装靴下)

草履(ぞうり→クッション入りの和装サンダル)

末広(すえひろ)

こし紐(こしひも→帯の下に締める紐)

和装下着類(ステテコ、肌襦袢)

 

用意すると良い物

手拭い(てぬぐい)

手提げバッグ

衿止め(えりどめ→衿元を固定する金具)

 

入手方法の比率

レンタル 

入手比率:9割以上

相場:3万円~

メリット 安い

デメリット 家紋を選べない

 

購入

入手比率:1割未満

相場:60万円~

メリット 選べる

デメリット 管理・保管・金額

 

黒・紺・深緑・紫・からし・水色・エンジ

 

素材

絹・化繊

(実はどちらも正式に儀式参加できます。金額が雲泥の差。)

成人の女の子(お嬢様の場合)

振袖姿

振袖(袖の長い着物)

長襦袢(ながじゅばん→着物の下に着る着物)

袋帯(ふくろおび)

草履バッグ(専用のバッグと草履)

ファー(フォックス毛皮か水鳥の羽)

帯揚げ(おびあげ→帯の構成する小物)

帯締め(おびじめ→帯の構成する小物)

重ね衿(かさねえり→衿元を豪華にする小物)

足袋(たび→和装靴下)

着付セット(きつけせっと→着物を着る為の付属品)

髪飾り

 

入手方法の比率

 

レンタル

入手比率:4割

予算:20万円~

 

メリット

後始末が簡単

保管しなくも良い

デメリット

着物が残らない

某レンタル悪徳業者のような危険性

他人の振袖とかぶる

 

購入

入手比率:2割

予算:30万~100万円以上

メリット

好きな着物を選べる

デメリット

高額

 

ママ振(お母様の着物をサイズ変更等)

入手比率:4割

予算:5万~15万円(加工代+小物と帯を新しく変更する方が多い為)

メリット

他人と差別化出来る

生地が良質(な事が多い)

デメリット

寸法を出せる余りがあるか?

場合によってはシミ・汚れ修正する必要がある

お嬢さんが気に入らない場合がある

 

赤・ピンク・白・黄色・青・緑

(商品構成は赤が50%・ピンク20%・白10%ぐらいの割合)

 

素材

絹・化繊

(通常は絹)

 

注意ポイント

・ご購入、ママ振(お母様の着物をサイズ変更等)の場合、後のお手入れが楽になる様、ガード加工(汚れ防止の加工・撥水等)がオススメ(相場価格1万円〜2万円位)

・振袖レンタルの「からくりオーダー」→既製品のレンタルとは別に、お嬢さんの寸法で一旦仕立てる「オーダーレンタル」も多く、振袖を購入する金額とあまり変わらない事がある

 

参照

男の和服,メンズ着物,お手入れ,狐面,日本,初心者,汚れ,汗,シミ,プロ悉皆

ガード加工価格:1万円前後

丸洗い価格:8,000円~

関連記事 >>【男の和服着物のプロ悉皆】意外と知られていない6つのポイントは?

お父様・お爺様の場合

成人式に参加する際の服装

↓↓↓

黒紋付羽織袴・色紋付羽織袴・準礼装(色紋付で袴がグレー縞以外)・略礼装(御召の一つ紋付き羽織袴)・お洒落着{無地系御召の羽織(はおり→和装ジャケット)一つ紋付きなど}のどれか

 

基本PTA会長などでない限り、色紋付羽織袴ではなくて良いです。

(ただし、一般の方が黒紋付等を着る機会が減っているので、こんな時に着てもよいのではないでしょうか。)

基本は略礼装(御召の一つ紋付き羽織袴)、お洒落着{無地系御召の羽織(はおり→和装ジャケット)一つ紋付きなど}から選ぶことになると思います。

服装

略礼装(一例)

羽織(はおり→和装ジャケット)

御召(おめし→光沢のあるドレッシーな生地)

ダークグレー

着物

御召(おめし→光沢のあるドレッシーな生地)

角帯(かくおび→一般的な長方形の帯)

銀鼠(ぎんねず→シルバーグレー)

足袋(たび→和装靴下)

履物

草履(ぞうり→クッション入りの和装サンダル)

グレー

羽織紐(はおりひも→羽織の前面につく紐)

丸組(まるぐみ→円柱状に組んだ組紐)

グレー

御召(おめし→光沢のあるドレッシーな生地)

焦げ茶

2.成人式の流れ

事前準備

お嬢様の場合

入手の目安

購入     1~2年前

ママ振  1年前

レンタル 1~2年前

 

前撮り写真の予約目安

1年前~半年前

 

ヘアメイク・着付けの予約目安

1年前~半年前

息子様の場合

入手の目安

レンタル  1年~半年前

購入    1年~半年前

 

前撮り写真の予約目安

半年前

成人式の前日

お嬢様の場合

前日確認

美容室予約時間

明日の天候・気温

移動手段

会場場所・開場時間

トイレ場所・トイレ方法

 

必要品チェックリスト

振袖のセット

スマホ(充電器も)

ハンカチ

ティッシュ

財布

足袋の替え(雨・雪の場合)

式典の招待状

ホッカイロ

メイク直し道具

息子様の場合

前日確認

明日の天候・気温

移動手段

会場場所・開場時間

トイレ場所・トイレ方法

 

必要チェックリスト

黒紋付のセット

スマホ(充電器も)

ハンカチ(手拭い)

ティッシュ

財布

足袋の替え(雨・雪の場合)

式典の招待状

ホッカイロ

お父様・お爺様の場合

前日確認

明日の天候・気温

移動手段

会場場所・開場時間・お子さんの行動予定

トイレ場所

 

必要チェックリスト

着物のセット

スマホ(ホームビデオも?)

ハンカチ(手拭い)

ティッシュ

財布

足袋の替え(雨・雪の場合)

ホッカイロ

成人式の当日

お嬢様・息子様の場合

朝5時?(お嬢様)

美容院(車で送る)

セット後に会場入り

8時頃

会場に到着

記念写真を取る方、友達と談笑する方であふれる

(会場前にちらちらと着物姿の新成人が現れる)

 

9時~10時頃

受付が開始

成人式も始まり

(会場に促される)

11時頃

成人式終了

友達と食事に行く人、親戚周りをする人で別れる

13時頃~

親戚周り

17時頃~

同窓会(通常、洋装に着替える方が多いです)

20時頃~

二次会

 

※着物であれば、汚さないようハンカチなど膝に置く

成人式の翌日

お嬢様・息子様の場合

取り敢えず、家で着替えたらハンガー(着物ハンガーが望ましい)にかけておきます。

キモノハンガー活用

 

レンタルの場合

それぞれの返却方法で返します。

畳み方分からなくてもOKな所ばかりです。

 

購入・ママ振りの場合

必ずお手入れに出します。(3日以内に)

購入元(ママ振り加工元)に持っていきましょう。

※ガード加工(汚れ防止加工)されているなら、お値打ちでお手入れ出来ます。

汚れもつきにくいので余り心配ないです。

 

着物が戻ってきたら

↓↓↓

仕舞う(しまう)

畳紙(たとうし→着物を入れる紙の保存用品)で納品されるので、中にはいっている型崩れ防止の白い紙を抜き(湿気の原因になるため)箪笥にしまいます。

キレイに保管すれば、次の式典やお友達の結婚式などに使えますし、振袖に関しては次世代のママ振りとしても活用できます。

きもの専用のキーパーなども活用出来ます。

 

関連記事 >>【男の和服着物の収納お手入れ大百科】脱いだらやる事、困ったらやる事

関連記事 >>【男の和服着物のプロ悉皆】意外と知られていない6つのポイントは?

3 ポイント

・ 成人式の意味とは

・基本的に男の子は黒紋付羽織袴か色紋付。女の子は振袖になる

・お父様、お爺様の場合、儀式という事なので黒紋付・色紋付、あるいは準礼装の御召(おめし→ドレッシーな生地)羽織袴・お洒落着(御召(おめし→光沢のあるドレッシーな生地)の一つ紋羽織付き)が良い

・成人式の準備は早めにしておく

・「前日の確認」、「持ち物チェックリスト」、当日のスケジュールの例を把握しておくと便利

 

以上、男の和服着物の成人式でした。

成人の年齢も20歳から18歳に変わっていきます。

お子様にとってもご家族様にとっても、成人式は人生の節目です。

しかしお子様には情報が溢れすぎて不安だと思いますので、そっとサポートして上げて下さい。

文化
大人の階段の〜ぼる〜♪

文化bunka【男の裏着物の研究家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る

友だち追加

-男の和服着物の四季イベント・行事, 男の和服着物のTPO

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2020 AllRights Reserved.