お洒落でモテる男の和服着物スタイル情報満載ウェブ学校

男の和服着物 モッズ MODS スクール




男の和服着物の応用

【男の和服着物の寝床】心と体に快適な睡眠!寝巻・布団・瞑想

更新日:

男の和服着物好きの方は、時代劇の寝床に憧れますよね。
自宅の生活を全て和様化させたいという気持ちからでしょう。
完全時代劇風の和室も良いですが
皆さんのほとんどは洋室にお住まいになってらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、お休み時のお話です。
24時間和装が完成しますね。

文化
お急ぎの方へ

要点だけであれば、3ポイントをご覧下さい。

1、環境

室内

男の和服着物,メンズ着物,寝床,寝巻き,寝室,浴衣,和装,種類,狐面,日本,裏着物

keresi72 / Pixabay

 男の和服着物,メンズ着物,寝床,寝巻き,和室,浴衣,和装,種類,狐面,日本,裏着物

shell_ghostcage / Pixabay

洋室、和室は問いません

和の意味は常に更新されています。寝床として使える個室です。

香り

男の和服着物,メンズ着物,お香,寝床,寝巻き,寝室,浴衣,和装,種類,狐面,日本,裏着物

truthseeker08 / Pixabay

好みで良いのですが、お香で白檀(びゃくだん)という種類は昔から親しまれてきました。

非常にリラックス効果が高いと言われます。

布団

男の和服着物,メンズ着物,布団,寝床,寝巻き,寝室,浴衣,和装,種類,狐面,日本,裏着物

chonchoro7 / Pixabay

綿布団は最高級の寝心地です。よりクラシックなものをお求めなら着物の形をした布団もございます。

男の和服着物,メンズ着物,音,寝床,寝巻き,寝室,浴衣,和装,種類,狐面,日本,裏着物

1195798 / Pixabay

自然な音が流れると良いです。

虫の鳴き声など。

明るさ

男の和服着物,メンズ着物,明るさ,寝床,寝巻き,寝室,浴衣,和装,種類,狐面,日本,裏着物

Alexas_Fotos / Pixabay

好みですが、薄明かりがあると安心です。

温度・湿度

快適な睡眠には、室温25℃前後で、湿度50%前後が良いとされます。

飲み水

 男の和服着物,メンズ着物,水,寝床,寝巻き,寝室,浴衣,和装,種類,狐面,日本,裏着物

insightzaoya / Pixabay

睡眠中は喉が乾燥しがちなので少量の水を用意しておきましょう。

マイナスイオン

 男の和服着物,メンズ着物,マイナスイオン,空気清浄機,寝床,寝巻き,寝室,浴衣,和装,種類,狐面,日本,裏着物

Aries329 / Pixabay

快適な睡眠にはかなり関係しています。

余裕があれば、空気清浄機があると良いです。

2、快適な睡眠の為の過ごし方

歴史

昔は、夜になると基本真っ暗でした。

殿様ぐらいになると灯りを付けて読書などしたと思いますが、

普通は暗くなるとすぐに寝ます。

男の和服着物,メンズ着物,明かり,寝床,寝巻き,寝室,浴衣,和装,種類,狐面,日本,裏着物

webandi / Pixabay

 

布団自体、比較的最近作られており、当時は着物に綿を詰めてそれを掛け布団にしていたようです。

服装

 男の和服着物,メンズ着物,寝床,寝巻き,寝室,浴衣,和装,種類,狐面,日本,裏着物

Alyn / Pixabay

寝る時の服装は結論から言うと特定の服など無く、

個人によって、まちまちだったとの事。

時代劇では、白い着物を着ているシーンを見受けますが、

あれは、晒で作った肌触りの良い物として着ているか、

着物の下の長襦袢(ながじゅばん→着物の下に着る着物)を着ているかだそうです。

昭和頃になると、

浴衣を寝巻きとして代用している方が多くみえました。

寝巻(ねまき→寝る用の着物)例

浴衣(ゆかた)か、寝巻き(ねまき→寝る用の着物)白地に紺柄

男締(おとこじめ→基本は男の帯の下に使う補助道具。絹で出来た腰紐のような存在。)紺地に白柄

タンクトップ※はだけ防止に。無くても可。

 男の和服着物,メンズ着物,冬,寝床,寝巻き,寝室,浴衣,和装,種類,狐面,日本,裏着物

Lee_seonghak / Pixabay

基本寝巻きは上と同じで、下に七分丈のヒートテック的な下着を着用すると温かいです。

浴衣(ゆかた)か、寝間着(ねまき→寝る用の着物)白地に紺柄

男締(おとこじめ→基本は男の帯の下に使う補助道具。絹で出来た腰紐のような存在。)紺地に白柄

七分丈ヒート素材の下着

 

夜、室内で過ごす時は、

浴衣の上に

丹前(たんぜん→綿の入った着物。ダウンコートの様に温かい。)を着ます。

また、足はネル足袋(ねるたび→和装用の靴下。底がネル素材で温かい。)を履きます。

瞑想

 男の和服着物,メンズ着物,瞑想,寝床,寝巻き,寝室,浴衣,和装,種類,狐面,日本,裏着物

Free-Photos / Pixabay

・寝る前に少し照明を落とし、瞑想してみましょう。

あぐらをかいて目を閉じ、背筋を伸ばし、3~5分で良いので頭を空っぽにします。

人は起きている間、沢山自身との会話を続けているといいますので、

一日に一回はこういった無心の時間を持つとリフレッシュするみたいです。

3、ポイント

・自宅の寝室を和様化させたい場合、室内環境に気をつけましょう。

・室内、香り、布団、音、明るさ、温度湿度、マイナスイオンまで気を配ると良いです。

・過ごす服装の例として、浴衣ベースがススメです。

 

以上、男の和服着物の寝床でした。

憧れの古典的な寝床は一度トライされると良い経験でしょう。

しかし、昔は現代と比べると不便で苦労されています。

生活スタイルも違うので、

上手くアレンジをして

自身にとって快適な寝床を作って下さいね。

文化
身も心も和様化出来ますね

文化bunka【男の和服着物の研究家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る

友だち追加

-男の和服着物の応用

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2019 AllRights Reserved.