お洒落でモテる男の和服着物スタイル情報満載ウェブ学校

男の和服着物 モッズ MODS スクール




男の和服着物の応用

【男の和服着物の和アート】5万円から始める美術品生活のコツとは!

更新日:

アート芸術は、人生を豊かにします。

和服着物を着たゆとりのある生活に、アートは爽やかな風を送ります。

今回は、和服着物生活に相応しい、アートの選び方をお伝えします。

アート芸術は自身のお金を使って所有し、初めて分かるものです。

故に、5万円から始められるアート芸術を入門編としご紹介します。

では、見ていきましょう。

文化
お急ぎの方へ

要点だけであれば、 4.ポイントからご覧下さい

1、種類

こちらは和服着物のサイトなので、日本的な物に絞っていきます。

茶碗

人気の茶碗です。

お茶の世界でも非常に重要なお道具です。

掛け軸(書、絵)

家に飾り易い物です。

古物の中でも出回る量が多いアイテムです。

屏風

小型の物であれば、家にあっても比較的邪魔になりません。

描かれた絵が好みに合えば◎。

浮世絵(うきよえ)

日本絵画とも言うべき浮世絵です。

世界的に評価が高く、高額品も出回りますが

お手頃な物もあります。

根付(ねつけ)

これも世界中にコレクターが多くみえます。

「昔の携帯ストラップ」のような物でしょう。

小さいながら

デザインがとても面白いです。

香炉(こうろ)

実用品として、お香を炊く事も出来ます。

デザインが秀逸で、インテリアとしての価値も高いです。

花器(かき)

花瓶の事です。

お花とのコーディネートを考えるのが楽しいです。

この内、5万で買える範囲で探してみましょう。

2、具体的に購入する方法

2つの方法があります。

・ 独学をして自身で骨董市に行き買う

(本で勉強して知識を付け、骨董市に出掛けます。)

・知り合いの美術商さんに依頼する

ここでオススメなのが、美術商さんに依頼するです。

プロの目利きを利用するんですね。

 

今回のテーマ「アートに触れる」というのは、

本物を手に入れるというのがコンセプトです。

そこでまず、5万円という比較的手頃なお値段から始めて頂きたいと思います。

もしも知り合いに美術商の方が見えましたら、是非お話しをしてみて下さい。

それにより沢山の美術品の中から、(プロの目で)選択肢を狭めて頂きます。

そして最後は、自分で本当に良いと思った物を選んでみて下さい。

3、鑑賞する

ただ、飾ってぼーと眺めているだけです。

本当に細かい事は抜きにして、純粋な鑑賞をしてみましょう。

そこで何かを感じられれば、心に変化をもたらしてくれるでしょう。

4、ポイント

・和文化や着物に興味がある方には、アートはオススメ。

・特に和のアートである領域は新作、古物を問わず楽しい。

・まずは1つ、気に入った物を購入してみる。

・和のアートには、茶碗、掛軸、屏風、浮世絵、根付、香炉、花器などがある。

・5万円を使って、アート芸術に触れたら、次は予算を10万円にしてみても良い。

 

以上、男の和服着物のアートでした。

我々は和服着物という一種のアートに興味を持っているわけですから

きっと5万円アートも和服生活に彩りを加えてくれます。

まずは5万円以内で、興味のあるお品から気楽なアート生活を始めてみましょう。

文化
アート芸術は人類の宝ですね。

文化bunka【男の和服着物の研究家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る

友だち追加

-男の和服着物の応用

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2019 AllRights Reserved.