お洒落でモテる男の和服着物スタイル情報満載ウェブ学校

男の和服着物 モッズ MODS スクール




男の和服着物の応用

【男の和服着物の家着】初心者さんのファーストステップ!裏着物とは?

更新日:

初心者さんにも最初のステップは裏着物(家着物)からスタートするのがオススメです。

なぜなら、和服着物にトライしにくい理由の一つである「他人の目」が無いからです。

ここでは、

「家の外で着る物」を表着物(おもてきもの・外出着物)

「家で着る物」を裏着物(うらきもの・家着物)

と定義し、初心者さんの為の裏着物レッスンをお伝えします。

一緒に見ていきましょう。

文化
お急ぎの方

要点だけであれば3.ポイントをご覧下さい

1、種類

家着物の構成

 

・着物

ワンピース型の着物

・帯

角帯(かくおび)

兵児帯(へこおび)

男性の帯は主に2種類あります。

・上着

ドテラ

綿入り半纏(はんてん)

・履物(室内用)

靴下

足袋(たび)

足袋ソックス

 

以上が裏着物(家着物)の構成です。

 

それぞれの詳細を書くと

着物

長着(ながぎ)

浴衣(ゆかた)

夏の花火大会でよくお召しになる木綿の着物です。

簡易的な着物になります。

 

肌襦袢(はだじゅばん)

一般的に肌着と呼ばれています。

素肌の上に着る物です。

 

ステテコ

パンツ型の肌着です。

主に木綿で出来ており、快適な下半身用肌着です。

裾除け(すそよけ)

巻きスカート状の肌着です。

下半身に巻きつけて使用します。

ステテコの代わりに使う事が多いです。

 

股引(ももひき)

これを穿く方はかなりこだわる方です。

褌(ふんどし)やボクサーブリーフの上に穿く和装ズボンです。

お祭りなどでよく見ます。

褌(ふんどし)

下着和装パンツです。

好みにもよりますが、ボクサーブリーフ代用でも全然構いません。

帯(おび)

角帯(かくおび)

一般的によく使う帯です

兵児帯(へこおび)

主にリラックス用

家の近所用です。

こし紐

通常は帯の下に〆る固定紐ですが、裏着物(家着物)では簡易的な帯に代用してしまいます。

男締め(おとこじめ)

伊達締め(だてじめ)と呼ばれる物で、芯が入っており、

こし紐と同じ役割をします。

裏着物(家着物)では、これも帯に代用しても良いでしょう。

 

 

上着

 

どてら

まるでダウンジャケットのように

綿(わた)が入った着物です。

真冬に室内で着用します。

空気の層がとても暖かいです。

 

綿入り半天(わたいりばんてん)

綿(わた)が入った羽織物でチャンチャンコとも言ったりします。

洋服を着用してしても、防寒の為に上から羽織る事も多く見られます。

軽くて暖かいです。

 

履物

足袋(たび)

和装用靴下です。

五本の指の内、親指の部分だけが分かれており、

履物が履きやすいです。

素材は主に綿で

冬用として、裏底だけ起毛したネル(ネル素材)になった物もあります。

室内草履

家中で履ける草履です。

そこが柔らかい素材(床を傷つけない為)になっていたりします。

その為、室内床を傷つけません。

草履の表台が畳になっている物もあります。

 

肌着

肌襦袢(はだじゅばん)

肌の上に直接着る、綿の半袖着物です。

見た目は甚平(じんべい)の上着のようです。

下着なので、主に白い物が大半です。

裾除け(すそよけ)

下半身の巻きスカート状の物です。

着物の下半分のようなイメージです。

Tシャツ

代用としてのTシャツです。

シャツ

代用としてのカッターシャツです。

褌(ふんどし)

和装パンツです。

長方形の布で下半身に巻きつけるタイプです。

六尺褌(ろくしゃくふんどし)と越中褌(えっちゅうふんどし)の2種類があります。

おすすめは越中褌(えちゅうふんどし)です。

 

2、楽しみ方、季節とコーデ

 

基本コーデ

 

正統派

・浴衣+帯(帯好みで変更可)

黒っぽい

目立たない物

 

リラックス派

肌襦袢+裾除け(帯無し)

私が提唱しているスタイルになります。

部屋着での寛ぎにおいて、帯無しは非常に有効です。

 

 

 

季節別(春夏秋冬)

春・秋

少し涼しい時

木綿の着物(好みによってウール)+腰紐+T シャツ

 

少し暖かい時

浴衣+帯

 

基本コーデ+上着

※上着は主に綿入り(わたいり→ダウンジャケットのように、防寒用に綿を入れている物)のどてらや、

半天(はんてん→簡易型の羽織・カジュアルジャケット)

 

どてら

綿入り半天

足袋(たび)

室内草履

 

クーラーを付けるかにもよりますが、

基本コーデが主流です。

素材を麻などの夏素材にすると良いでしょう。

クーラーをつけない場合は、浴衣姿自体が暑過ぎるので、

半袖の肌襦袢(はだじゅばん)がオススメです。

 

浴衣+腹掛(はらかけ)

浴衣+ 肌襦袢 上半身脱ぐ

肌襦袢

肌襦袢+半股引(はんだこ)

肌襦袢+メッシュ裾よけ

袖なし肌襦袢+裾よけ

浴衣+端折る(はしょる)

近所歩き 下駄草履

 

着崩れに対する見解

そこまで神経質にならない事が重要です。

基本的には、シワやゆとりがある方が着やすいです。

江戸時代も、日常に来ていた着物はシワと緩みで構成されていたと言います。

3、ポイント

・初心者さんにとって、最初のスタートは裏着物(家着物)がオススメ。

・ 裏着物(家着物)は着物、上着、靴下等で構成される。

・ 基本的なコーディネートは、浴衣と帯、肌襦袢と裾除け。寒い時は綿入りの半纏、浴衣と帯。

 

以上、男の和服着物の裏着物(家着物)でした。

家で着る裏着物(家着物)は初心者さんの心のハードルを下げるとともに

人の目が無い分、純粋にご自身の好みや感覚を解放します。

着物好きな方は

着物で外出をオススメする方が多いですが、

まずは家で着物、外で洋服という

二重生活が突破口になるような気がします。

昭和30〜40年の日本にするのが目標です。

また、家着物は本当にその方に合ったスタイルが出来上がる可能性が高いです。

ベテランさんも試す価値ありですね。

文化
肌感覚で和装が浸み込んできますよ

文化bunka【男の和服着物の研究家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る

友だち追加

-男の和服着物の応用

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2019 AllRights Reserved.