男の和服着物のトイレ・動き・振る舞い

【男の和服着物のトイレ2】袴・股引・ふんどしの大・小の流れとは?

更新日:

男の和服着物にとって、袴や股引(ももひき→和装タイトパンツ)は大切なアイテムです。

しかし、困るのがトイレでの用の足し方です。

普通の「男の和服着物のトイレ方法」は、以下の記事をご覧ください。

↓↓↓

和服着物のトイレ ‎

今回は、袴・股引(ももひき→和装タイトパンツ)等のパンツ系でのトイレについてご紹介します。

一緒に見ていきましょう。

文化
お急ぎの方へ

要点だけであれば、3ポイントをご覧下さい

1.袴の種類

・馬乗り袴(うまのりばかま)

一般的な袴です。

パンツ式になっており、武士がよくつけています。

文字通り馬に乗れるように作られている袴です。

 

関連記事 >>【男の和服着物の袴】初心者でも分かる4つの種類と3つのつけ方解説

・行灯袴(あんどんばかま)

スカート状の袴です。

昔から主に女性が使いますが、男性用ももちろんあります。

女学生の卒業式などで使う袴は大抵この行灯袴(あんどんばかま)です。

・野袴(のばかま)

活動的に作られていて、足首で細くなっている野良仕事用(のらしごと)の袴です。

学生服で言う「ボンタン(昔のヤンキーパンツ)」タイプです。

主にカジュアル用として動きやすい形になっています。

色々な種類があります。

着用法として普通の袴とほぼ変わりません。

袴以外の穿く物

・股引き(ももひき)

パッチとも呼ばれる、昔の職人さんが履く極細のパンツです。

洋服のパンツと違ってお尻を包むように履きます。

主に木綿素材の紺色で、今でもお祭りの衣装として履かれます。

下着

・褌(ふんどし)

下半身用の下着です。和装ブリーフのようなもの。

長方形の布で出てきていて、表地は主に木綿です。

昔は他人から見えても割と平気なアイテムだったらしいです。

伝統的なものとして、越中(えっちゅう)ふんどしと六尺(ろくしゃく)ふんどしがあります。

越中(えっちゅう)ふんどしはより簡易的なものです。

 

6尺(ろくしゃく)ふんどし

長さ:約1尺(約38cm)✕6=6尺(約2m28cm)

幅:約16cm~34cm

長方形の布です。

本当にシンプルな下着で、巻きつけて使用します。(Tバック状態)

越中(えっちゅう)ふんどし

長さ:約1m20cm

幅:約16~34cm

六尺(ろくしゃく)褌を使いやすくしたものです。

ふんどしの端に紐が左右についており装着が楽です。

 

関連記事 >>【男の和服着物の褌】長方形の布で作られた健康パンツ!2タイプとは?

 

男の和服,モッズ,メンズ着物,和装,裏着物,和,文化,狐面,ふんどし,越中,日本,六尺,もっこ,

2.種類別トイレ法

馬乗り袴(うまのりばかま)

パンツ式になっている袴のトイレ方法です。

↓↓↓

小の時

基本個室に入る

左右どちらかの裾を股の高さまで持ち上げる

横から股間を出す

用を足す

ティッシュを使いしずくを静かに吸収する(股間を振るとしずくが飛び散るので)

大の時

条件として「個室に入る事」、「(服を掛ける)フックがある事」です。

基本個室に入る

(服を掛ける)フックがある事を確認する

羽織(はおり→和装ジャケット)を脱ぎ、フックにかけておく

袴の後ろ紐を解き(緩め?)、腰板(こしいた→袴の腰部分)を下ろす

袴の左右裾を袴の前紐に挟み込む

和服着物の裾をお尻上までしっかりめくり用を足す

終わったら着物を戻し、袴を付け直す

シワなどに注意して出る

 

※注意

基本は一度袴を脱いだほうが良いです。

脱いだ袴をフックにかけます。

行灯袴(あんどんばかま)

スカート状の袴のトイレ方法です。

↓↓↓

小の時

基本個室に入る

羽織(はおり→和装ジャケット)を脱ぎ、フックにかけておく

袴の前部分の裾をめくり上げる(腕で押さえる)

股間を出す

用を足す

ティッシュを使いしずくを静かに吸収する(股間を振るとしずくが飛び散るので)

終わったら着物を戻し、袴を戻す

シワなどに注意して出る

 

基本は馬乗りと同じですが、大の時にはワープできます。

大の時

基本個室に入る

(服を掛ける)フックがある事を確認する

羽織(はおり→和装ジャケット)を脱ぎ、フックにかけておく

裾をめくり上げる

袴の紐に前、後ろ、左右横の裾を挟み込む

和服着物の裾をお尻上までしっかりめくり用を足す

腕で抑えながら用を足す

終わったら着物を戻し、袴を戻す

シワなどに注意して出る

 

野袴(のばかま)

ボンタン式(昔のヤンキーパンツ)になっている袴のトイレ方法です。

↓↓↓

物理的に、裾が狭く馬乗り袴のような用の足し方ができないです。

小の時

基本個室に入る

羽織(はおり→和装ジャケット)を脱ぎ、フックにかけておく

袴の紐を全て解く

袴を下げる

股間を出す

用を足す

終わったらティッシュを使いしずくを静かに吸収する(股間を振るとしずくが飛び散るので)

和服着物を戻し、袴を付け直す

シワなどに注意して出る

※注意

最近のものはチャックがあったりしますので、その場合は洋服と同じです。

 

大の時

条件として「個室に入る事」、「(服を掛ける)フックがある事」です。

基本個室に入る

(服を掛ける)フックがある事を確認する

羽織(はおり→和装ジャケット)を脱ぎ、フックにかけておく

袴の後ろ紐を解き(緩め?)、腰板(こしいた→袴の腰部分)を下ろす

和服着物の裾をお尻上までしっかりめくり用を足す

終わったら和服着物を戻し、袴を付け直す

シワなどに注意して出る

股引き(ももひき)

後ろ開閉式パンツのトイレ方法はこちらです。

↓↓↓

小の時

個室に入ります。

後ろを解き股引を下げ、股間を出して用を足します。

大の時

個室に入ります。後ろを解き股引を完全に膝まで下げ、用を足します。

終わったら元に戻します。

褌(ふんどし)

越中(えっちゅう)ふんどし

端に紐が左右についているタイプのトイレ方法はこちらです。

↓↓↓

小の時

ふんどしの横からブツを取り出す

用を足す

終わったら元に戻す

シワを整える

※注意

最近は座って小をする場合がありますが、その時はフンドシを左右どちらかにズラし、股間だけを出してします。

この時、間違って大の方をしないように。下痢の時は危険です(笑)

大の時

一旦紐にかけている前掛けを解きます。

その前掛けを右腰からお腹を通って左腰に持っていき、左腰の紐に一時的に挟み込みます

用を足します

終わったらふんどしを元に戻します

シワを取り除きます

※注意

帯や着物のシワも直します。

 

関連記事 >>【男の和服着物の生活で気を付けるポイント】トイレはどうする?

六尺(ろくしゃく)ふんどし

長方形の布を巻きつけて使用するタイプ(Tバック状態)のトイレ方法はこちらです。

↓↓↓

小の時

前掛けをゆるめ、腰のひもにひっかける

ふんどしの横からブツを取り出す

用を足す

終わったら元に戻す

シワを整える

※注意

最近は座って小をする場合がありますが、その時はフンドシを左右どちらかにズラし、股間だけを出してします。

この時、間違って大の方をしないように。下痢の時は危険です(笑)

 

大の時

前掛けをゆるめ、腰のひもに引っ掛ける

お尻のフンドシ布(立て廻し)を横にズラす

用を足す

終わったらふんどしを元に戻す

シワを取り除く

※注意

帯や着物のシワも直します

3.ポイント

・袴は3種類。馬乗り袴と行灯袴そして野袴などがある

・その他、下半身につける物として、股引(ももひき→極細のパンツ)、褌(ふんどし→和装パンツ)などがある

・用を足す場合、 基本的には「個室がある事」と「(服を掛ける)フックがある事」が条件だと思われる

小の時は脱がなくても、大の時は全て脱がなくてはけない場合がある

 

以上、男の和服着物のトイレ2でした。

袴は男着物の中でも人気アイテムです。

お出けに必須なトイレ方法に関しては、自分なりのやり方が使えるようになりたいですね。

袴という「パンツ式」は着物という「スカート式」と要領が違いますので、頭に入れておいて下さい。

文化
シリアスな場面ですね(笑)[/st-kaiwa1]

文化bunka【男の裏着物の研究家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る

友だち追加

-男の和服着物のトイレ・動き・振る舞い

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2020 AllRights Reserved.