男の和服着物の四季イベント・行事

【男の和服着物のひな祭り】女の子儀式!3月3日にしたい和装とは?

更新日:

男の和服着物をお召しの皆さんの中にもお孫様・お子様がいらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

もしお嬢様ならばひな祭りは重要な時期となります。

こういった機会はお嬢様と和服着物で過ごすチャンスです。

ぜひ利用してみて下さい。

文化
お急ぎの方へ

要点だけであれば3.ポイントをご覧下さい

1 歴史

男の和服,モッズ,メンズ着物,和装,裏着物,和,文化,狐面,歴史,ひな祭り,日本,人形

ひな祭りとは、女の子の健康を祈る節句です。

まず古墳時代、中国から曲水の宴(きょくすいのえん)という文化が入ってきます。

これは、朝廷などでくねくね曲がった小さな水の流れを作り、その所々に参加者が座り、上流から流れてくる杯が自分の前を通り抜ける前に歌を作り、杯を飲み、次へ杯を流すという遊びです。

一方、奈良時代辺りから庶民の間では、形代(かたしろ→神霊が依り憑く物。人間の霊は人型。)に身をこすりつけ水に流すことで、穢れをおとす風習も存在したそうです。その影響もあり、平安貴族の間でも流し雛(紙で作った人形を流す風習)がありました。

またこれとは別に日本には「ひな遊び」と呼ばれる遊びがありました。これは平安貴族の女の子の人形遊びです。

室町時代には、流す為の人形ではなく、部屋に飾る為の人形が登場します。

これが現在のひな人形の原型です。

江戸時代になり、この人形文化と節句が結びついたと思われます。

そのうち、武家の女の子の嫁入り道具に数えられ、どんどん華美になっていきました。

2 準備・当日

事前準備

2週間掛けてセッティングをします。

雛人形

パターン構成

大きく分けて種類として

衣裳着(いしょうぎ→仕立てた衣裳を着せ付ける人形)

木目込(きめこみ→肩の溝に沿って布を織り込む人形)

がある。

↓↓↓

衣裳着(いしょうぎ)

仕立てた衣裳を着せた人形の事です。

いま一般の雛人形の7割近くがこの仕様だそうです。

特徴:衣裳によって平安貴族の美意識を繊細に表現できる。

 

木目込(きめこみ)

木製でできた人形で、衣装を着ているように仕立てた物。

特徴:圧倒的にコンパクトな物が多い。衣裳着人形よりややお値打ちになりがち。

 

更に、段の数が大きく3種類位あります。

↓↓↓

1段タイプ

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,ひな祭り,

親王飾り(しんのうかざり)

最上階の男女一対の人形、2人飾り。

相場:5万~15万円

幅50~100cm、奥行30~50cm、高さ20cm~40cm

シンプルな構成

 

3段タイプ(または2段)

男の和服,モッズ,メンズ着物,和装,裏着物,和,文化,狐面,歴史,ひな祭り,日本,人形

親王(1段タイプ)に3人の宮女を加えた5人飾り

相場:8万円~30万円

幅60cm~110cm、奥行50~120cm、高さ70~100cm

マンションにも使える

 

5段タイプ(または7段)

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,ひな祭り,

人形15人揃った段飾り

相場:30万~100万円

幅120cm~130cm、奥行きは170cm ~180cm、高さ180~190cm

大型で非常に豪華

↑↑↑

以上、結論から言うと

横幅60cm~80cmのコンパクトな物で、衣裳着(いしょうぎ)の3段タイプ(5人)が特に人気だそうです。

平均相場は8万~15万円位です。

男の和服,モッズ,メンズ着物,和装,裏着物,和,文化,狐面,歴史,ひな祭り,日本,人形

特にお値打ちなのが良い方は

木製でお盆に乗るタイプで

1万円台もいけます。

男の和服,モッズ,メンズ着物,和装,裏着物,和,文化,狐面,歴史,ひな祭り,日本,人形

有名なメーカー

久月(きゅうげつ)さん

お手頃なものも多く、1段タイプで3万円台なんてものも。

 

吉徳大光(よしとくたいこう)さん

有名人形店です。

顔の美しさに特徴があるようです。

 

真多呂人形(またろにんぎょう)さん

木目込み人形にこだわるならこちら。

 

変わり種の人形

木の知育ひな人形(きのちいくひなにんぎょう)さん

「徳永こいのぼり」さんが作るプーカの木の雛人形

積み木みたい。

4万円

 

キャラクター人形

ミッキー

キティ

1段タイプで、物によっては1万円台も。

 

その他の購入(お店)

・百貨店

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,ひな祭り,

stux / Pixabay

・専門店

男の和服,モッズ,メンズ着物,和装,裏着物,和,文化,狐面,歴史,ひな祭り,日本,人形

・スーパー

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,ひな祭り,

StockSnap / Pixabay

など

ひなあられ

男の和服,モッズ,メンズ着物,和装,裏着物,和,文化,狐面,歴史,ひな祭り,日本,人形

雛祭りで食べるあられです。

4色が美しく、白は雪を表し、緑は木の芽を表して、桃は生命を、黄色は紅葉を表します。(3色もあり)

うるち米の乾飯、豆を炒ったものに砂糖をかけて甘くています。

桃の花

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,ひな祭り,

kieutruongphoto / Pixabay

邪気を払う効果があると言われます。

ちなみに、花言葉はチャーミング、私はあなたのとりこ、だそうです。

菱もち

男の和服,モッズ,メンズ着物,和装,裏着物,和,文化,狐面,歴史,ひな祭り,日本,人形

赤(桃の花の意)、白(残り雪の意)、緑(新芽の意)の3色で菱形のもちで、

桃の節句の行事食です。

起源はよく分かっておらず、菱形の意味も大地を表すなど諸説あります。

広まったのは江戸時代からです。

音楽

【楽しいひな祭り】

 

必ず聞いたことがある定番の曲です。

子供の時の記憶にしっかり残っています。

白酒(しろざけ)

男の和服,メンズ着物,狐面,日本,裏着物,和,文化,ひな祭り,

日本酒の一種で、ひな祭りで祝いの為に出されます。

焼酎にみりんに蒸したもち米、麹(こうじ→穀物にコウジカビなどで発酵させたもの)などを加えて熟成させた祝い酒の事です。

当日

スケジュール

 

13時~17時

音楽かけて、ビデオ撮影会

お着物ではしゃぐ姿は楽しい。

ひなあられを食べたり、ちらし寿司を食べたり

お嬢さんとお歌を歌ったり、一生の思い出に。

 

服装

ご本人の服装

 

キーカラーは桃色

羽織(はおり→和装ジャケット)

御召(おめし→光沢のあるドレッシーな生地)

着物

御召(おめし→光沢のあるドレッシーな生地)

白系

角帯(かくおび→一般的な長方形の帯)

博多献上(はかたけんじょう→男の定番帯)

足袋(たび→和装靴下)

履物

草履(ぞうり→クッション入りの和装サンダル)

シルバー

小物

半衿(はんえり→衿に付ける布。アクセントになる)

桃色系

お嬢様の服装

※基本、七五三の三才着物セットでOK。

着物

七五三の三才着物セット(宮参り用の祝い着を少し加工する)

三才の着物セットなら無し。

腰紐(こしひも→簡易的な紐)で結び、被布(ひふ→和装ベストの様な物。三才の女の子が着る。)

履物

草履(ぞうり)

足袋(たび→和装靴下)

子ども用(足袋ソックスらしきもの)

下着

VネックのTシャツでも可

有名ひな祭り

雛の祭典、伊東MAGARI雛

 

伊東温泉

場所:静岡県伊東市東松原町12-10

時期:毎年2月下旬~3月上旬

内容:メイン会場での118段雛飾り(石段利用)

他の地域でも石段利用の雛飾りはあるが、段の数が凄い。

雛のつるし飾りまつり

男の和服,モッズ,メンズ着物,和装,裏着物,和,文化,狐面,歴史,ひな祭り,日本,人形

伊豆稲取温泉

場所:静岡県賀茂郡東伊豆町

時期:毎年1月下旬~3月末

内容:江戸時代からはじまった赤い糸で雛飾りを吊るす風習。

日本三大つるしかざりの一つ。※写真はイメージです。

鴻巣びっくり雛祭り

 

埼玉

場所:埼玉鴻巣市本町1丁目1-2エルミこうのすショッピングモール

時期:毎年2月中旬~3月上旬

内容:高さ7mの日本一高いピラミッドひな壇。

人形制作を地場産業にしている土地だとのこと。

3 ポイント

・ ひな祭りはお嬢様と過ごす和服着物の大切な儀式。

・ ひな祭りの歴史は中国から入ってきた曲水の宴(きょくすいのえん)という文化と、日本の「ひな遊び」と呼ばれる人形遊びが混じり合い、江戸時代になり節句と結びついたと思われます。

・ 準備としては、雛人形、ひなあられ、白酒、菱もち、桃の花、音楽(ひなまつり)、着物など。

・雛人形は1段、3段、5段など種類も豊富。

・当日の服装は、お父様は御召(おめし→光沢のあるドレッシーな生地)でドレッシーに。お嬢様は七五三の3才着物(宮参りも可)。コーデ遊びとして、桃色を加えると面白い。

・全国の有名雛祭りは伊東温泉の雛の祭典伊東MAGARI雛、伊豆稲取温泉の雛のつるし飾りまつり、埼玉の鴻巣びっくり雛祭り。

 

以上、男の和服着物のひな祭りでした。

雛祭り(ひな祭り)は今までなんとなく過ごしてきた方も見えると思いますが

平安時代から続く儀式として、また和服着物を着る機会として、大変貴重ですのでぜひ和装で過ごしましょう。

子供の時は、毎月何かしらの和のイベントがあって楽しみにしてました。

そんな幼い時から、私達は文化を吸収しているのですね。

文化
こういう儀式は着物を着る機会としてもっと見直されても良いと思いますね

文化bunka【男の裏着物の研究家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る

友だち追加

-男の和服着物の四季イベント・行事

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2020 AllRights Reserved.