お洒落でモテる男の和服着物スタイル情報満載ウェブ学校

男の和服着物 モッズ MODS スクール




男の和服着物の応用

【男の和服着物の雨・雪】梅雨や寒波時に気をつけるべき7つの視点!

投稿日:

和服着物好きの大敵が雨と雪です。

特に、日本の季節では

梅雨と寒波が毎年来ます。

今回は、この雨の日、雪の日の対策について考えて見ましょう。

文化
お急ぎの方へ

要点だけであれば3.ポイントをご覧下さい。

1、対策方針(視点)

雨→3つの視点(濡れない、滑らない、濡れた時の代用)

雨の時は濡れない為に傘が必須です。

プラス、雨用に撥水する上着があると重宝します。

また、濡れない為に、足元は雨でも滑りにくい底の履物が必要になります。

替えとして濡れた物を入れる袋なども必要になりますね。

雪→4つの視点(濡れない、滑らない、体温を奪われない、濡れた時の代用)

雪の時は、濡れない為の傘も必須+撥水用のコート。

滑らない為に雨用の履物(雪用の履物もあるようですが、ほぼ使わないので必要ありません。)

さらには体温を奪われない為、保温機能のある下着。濡れた時、替えを入れる袋も必要です。

2、具体例

全体

梅雨→雨用コート+傘(大きめ、番傘より洋傘が使いやすい)

寒波→雨用コートか防寒コート+傘

{みぞれの時以外は、二重廻し(にじゅうまわし→マント付き和装コート。シャーロック・ホームズのイメージ)角袖(かくそで→袖だけ着物用のコート)だけでも良いでしょう}

内部リンク

足元

梅雨→下駄

寒波→雪用履物

替えの足袋を仕込んでおく、足袋カバー

3、ポイント

・ 雨用の対策と雪用の対策があります

・ 雨用の対策としては 濡れない滑らない濡れた時の代用

・ 雪用の対策としては濡れない滑らない体温奪われない濡れた時の代用

・ 具体的な例としまして 撥水加工のコート、 傘 、保温性の高い肌着、足袋カバーです。

・濡れやすい足袋は替えは一つ用意する。

 

以上、男の和服着物の雨・雪でした。

【男の和服着物の健康】でもお伝えしておりますが、

転んでしまって骨折するのは避けなければなりません。

そのため安全の為にも雨や雪の時は基本は避けた方が良いかもしれませんね。

文化
どうしてもお出掛けされる時には参考にして下さい

文化bunka【男の和服着物の研究家】




更新情報をラインで受け取る

更新情報をラインで受け取る

友だち追加

-男の和服着物の応用

Copyright© 男の和服着物 モッズ MODS スクール , 2019 AllRights Reserved.